二流の芸能人が、何度がんになっても笑って生きている理由

ニリュウノゲイノウジンガナンドガンニナッテモワラッテイキテイルリユウ
二流の芸能人が、何度がんになっても笑って生きている理由
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

人生 山あり、谷あり、がんあり 僕の“大莫迦”66年
大ヒット曲『時には娼婦のように』でも知られる俳優・黒沢年雄が初めて明かす、二度のがん闘病記。二度にわたってのがん告知、にもかかわらず人生を楽しむ秘訣はなにか。

告知の瞬間、医師の誤診、名医の選び方、人間ドックの罠、スパルタ式リハビリメニューの作り方、家族との接し方など《黒沢流「がん」の笑い方》をお教えします。

母が喉頭がんで亡くなり、家族を支えるために避妊具まで売り歩いた十代。
大物俳優の嫌がらせ、解雇、仕事の低迷で自殺の誘惑にも駆られた三十代。
『時には娼婦のように』が大ヒットになったのに、脂の乗り切った48歳で、大腸から真っ黒なポリープが見つかった。
主治医に誤診されたあげく、告知されたのは「大腸がん」。
もう手遅れなのか……仕事は減り借金は増えたあの時。
そして16年後の2008年9月。医師は僕に「二度目のがん」を宣告した――。
はたして、僕はこの苦境をどう生き抜いてきたか? どうしたらがんを笑って、人生を楽しめるようになったのか? 破天荒な人生とともに綴られる、「がん」と生きる痛快人生論。

【目次】
第一章 十六年ぶりの「二度目のがん」
第二章 がんを笑えるようになった原点――デビューまで
第三章 映画俳優
第四章 運がいい人、悪い人――大ヒットと暗転
第五章 弱り目にたたり目でも――大腸がん告知
第六章 リハビリと修行
第七章 楽観論で、大莫迦に生きてみよう!

目次

  • 第一章 十六年ぶりの「二度目のがん」
  • 第二章 がんを笑えるようになった原点――デビューまで
  • 第三章 映画俳優
  • 第四章 運がいい人、悪い人――大ヒットと暗転
  • 第五章 弱り目にたたり目でも――大腸がん告知
  • 第六章 リハビリと修行
  • 第七章 楽観論で、大莫迦に生きてみよう!

製品情報

製品名 二流の芸能人が、何度がんになっても笑って生きている理由
著者名 著:黒沢 年雄
発売日 2011年02月17日
価格 定価:1,572円(本体1,429円)
ISBN 978-4-06-216532-7
判型 四六
ページ数 226ページ

著者紹介

著:黒沢 年雄(クロサワ トシオ)

(くろさわ・としお)
俳優。1944年神奈川県生まれ。日大横浜学園高校卒業後、キャバレーのバンドマン、工場作業員、訪問販売セールスマン、ウェイター、陸送の運転手など、様々な経験をしながら俳優を目指し、1964年、東宝映画第4期ニューフェイスに合格。美空ひばり、江利チエミ、雪村いづみ主演の『三人よれば』(杉江敏男監督作品)にてデビュー。1966年、成瀬巳喜男監督『ひき逃げ』初主演でスター新人賞受賞。主な主演映画に『白昼の襲撃』『栄光への反逆』ほか。1978年、『時には娼婦のように』のレコードが60万枚以上の売り上げに。近年は映画、ドラマ、バラエティ、トークショー、歌謡ショー、講演会など幅広く活躍する。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス