遺伝子検査からはじまるオーダーメイドがん治療の時代

講談社+α新書
イデンシケンサカラハジマルオーダーメイドガンチリョウノジダイ
  • 電子あり
遺伝子検査からはじまるオーダーメイドがん治療の時代
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

樹状細胞ワクチンで、最速で最高の効果をめざす!がん細胞の遺伝子がわかれば患者ひとりひとりに最適の免疫療法が可能になる!この治療の特長は、がんの種類でがんペプチドワクチンを選ぶのではなく、あなたのがんの遺伝子情報でがんペプチドワクチンを選び、治療方針を決定するということです。(


樹状細胞ワクチンで、最速で最高の効果をめざす!
がん細胞の遺伝子がわかれば患者ひとりひとりに最適の免疫療法が可能になる!

この治療の特長は、がんの種類でがんペプチドワクチンを選ぶのではなく、あなたのがんの遺伝子情報でがんペプチドワクチンを選び、治療方針を決定するということです。(略)がん遺伝子の変化を調べ、そのがん遺伝子がつくり出すがんの標識であるペプチドを数個見つけ出します。治療においては、それを今までよく効いた患者さんのデータベースと照らし合わせて、最高の効果を出すがんペプチドワクチンを選択します。この選ばれたワクチンは効果予測を可能にし、進行がんや転移・再発の治療ばかりでなく、がんの予防までおこなうことができるのです。
――<「はじめに」より抜粋>

●がんワクチンとは
●樹状細胞は免疫の司令官
●がんを直接攻撃するリンパ球
●本当に効く最新免疫療法
●樹状細胞を成熟させて接種
●防衛の最前線、リンパの働き
●増殖因子は「分子標的薬」で抑制
●がん家系の真相
●がん化にブレーキをかける遺伝子
●各がん治療の最新情報と症例集

目次

  • 第一章 がんワクチン療法がはじまった
  •  がんワクチンとは
  •  がんワクチン療法の歴史
  •  治療のタイミングが結果を左右
  •  がんを記憶する「樹状細胞」
  •  がん遺伝子検査で適応が拡大
  •  樹状細胞の発見
  •  樹状細胞は免疫の司令官
  •  がんを直接攻撃するリンパ球
  •  活性化リンパ球療法の限界
  •  仇の目印「がんペプチド」
  •  実用可能ながんペプチドの種類
  •  本当に効く最新免疫療法
  •  がんに反応するリンパ球
  •  樹状細胞を成熟させて接種
  • 第二章 がんが成長する仕組み
  •  がんによる遺伝子変化
  •  がん細胞は生存をかけて「不死化」
  •  たばこやピロリ菌は不死化を促進
  •  ウイルスが正常細胞を不死化する
  •  がん細胞増殖の要因
  •  女性ホルモンとがん
  •  増殖因子は「分子標的薬」で抑制
  •  がん家系の真相
  •  がんが繁栄するための環境
  • 第三章 がんの転移と治療
  •  がんはどう転移するのか
  •  血行性転移のヒミツ
  •  消化酵素が破壊の限りを尽くす
  •  スパイクの役目を果たすCD44
  •  転移しやすい条件
  •  ブドウ糖とがん遺伝子
  •  がんの細胞まで守ってしまう
  •  ブドウ糖とPET検査
  •  貧血とエリスロポエチン
  • 第四章 ウイルスとがんの発症
  •  がんを構成する細胞
  •  がん細胞は種類によってさまざま
  •  私のがん幹細胞説
  •  評価基準は縮小率から生存期間へ
  •  腸内細菌と免疫
  •  虚証の人は元気になれるか
  •  失業中の遺伝子
  •  淘汰されるウイルス
  • 第五章 がん遺伝子検査の仕組み
  •  二〇ミリリットルの血液でがん遺伝子がわかる
  •  遺伝子のミス
  •  がん化にブレーキをかける遺伝子
  • 第六章 がん遺伝子検査で治療計画を立てる
  •  がん遺伝子検査で治療効果を予測できる
  •  効果予測で効率のよい臨床試験が可能に
  •  がんペプチドワクチンによる免疫療法
  • 第七章 各がん治療の最新情報と症例集
  •  (1)肺がん
  •  (2)膵がん
  •  (3)大腸がん
  •  (4)乳がん
  •  (5)胃がん
  •  (6)前立腺がん
  •  (7)卵巣がん
  •  (8)その他のがん

製品情報

製品名 遺伝子検査からはじまるオーダーメイドがん治療の時代
著者名 著:加藤 洋一
発売日 2011年12月21日
価格 定価 : 本体838円(税別)
ISBN 978-4-06-272746-4
判型 新書
ページ数 192ページ
シリーズ 講談社+α新書

オンライン書店で見る