家庭モラル・ハラスメント

講談社+α新書
カテイモラルハラスメント
  • 電子あり
家庭モラル・ハラスメント
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

あなたも被害者かも――。夫の非情な言葉や態度によって傷つく妻たちが急増している! 私が結婚生活で夫から受けてきたのは「虐待」そのものだった。すべての責任はお前にあると、夫は何度も言った。私も、自分がダメなのだと思っていた。でも、それは違った。幸せになれないのは、自分のわがままのせいでも、努力が足りないからでもない。夫にとって、ハラスメントの対象は、自分より弱い人間だったら誰でもよかったのだ。

目次

  • 第一章 「優しい人」が仮面を剥ぐ時
  •  チャンスの神を掴まえて
  •  「育ててやった恩を返せ」
  •  何かおかしいという直感を封印
  •  結婚直後に豹変した夫
  •  ある日突然、無視が始まった
  •  新婚三ヵ月の里帰りが離婚騒動に
  •  誰も知らない「もうひとつの顔」
  •  他
  • 第二章 「モラ夫」は自分も人も愛せない
  •  なぜ妊娠中に家を建てることに
  •  平気で嘘をつく人
  •  誰も愛せない「裸の王様」
  •  お前の親から金を借りてこい
  •  夫が不動産の権利を独占
  •  生活費を渡さない男たち
  •  俺様流「男の育児」とは
  •  親戚奉仕でポイントゲット
  •  他
  • 第三章 亭主関白という名の精神的暴力
  •  後出しじゃんけん攻撃
  •  冷蔵庫チェックの恐怖
  •  楽しいはずの外食が暗転
  •  悪いことはすべて他人の責任
  •  妻の病気は絶対に許さない
  •  言い返せば百の罵倒が待っている
  •  ドメスティック・バイオレンス
  •  ボクを見るパパの目が違う
  •  モラ夫は家族旅行がお好き
  •  他
  • 第四章 私たちの苦しみには名前があった!
  •  私が離婚を決意した夫の一言
  •  涙のクリスマス・プレゼント
  •  あなたこそ出て行けと言ってみた
  •  義父の死は「自由への解放」
  •  夫と二人の老後など考えられない
  •  これはモラル・ハラスメントだ!
  •  焼きイモで知った自由の味
  •  暴力行為を証明する診断書
  •  モラル・ハラスメント被害者同盟
  •  他
  • 第五章 離婚調停に向けて臨戦準備
  •  心療内科医と運命の出逢い
  •  浮気三〇〇万、モラハラ二〇万?
  •  子ども・家・貯金三点セット!
  •  家庭裁判所からの呼び出し状
  •  モラ夫に正攻法では絶対勝てない
  •  あの男を一歩も家に入れるな
  •  他
  • 第六章 モラル・ハラスメント脱出への道
  •  第一回離婚調停スタート
  •  夫の隠し財産に調停委員が同調?
  •  「妻さえ我慢すれば」に終止符を
  •  ゴーマン調停委員の横暴に喝!
  •  たかが紙切れ一枚、されど……
  •  ハラッサーは変わらない
  •  証拠は最初に出してはいけない
  •  お金より大切なこと
  •  他

製品情報

製品名 家庭モラル・ハラスメント
著者名 著:熊谷 早智子
発売日 2008年05月21日
価格 定価:922円(本体838円)
ISBN 978-4-06-272503-3
判型 新書
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社+α新書

書店在庫を見る

オンライン書店で見る