ウマ駆ける古代アジア

講談社選書メチエ
ウマカケルコダイアジア
著:川又 正智 装丁:山岸 義明 装丁:中津川 稔
ウマ駆ける古代アジア
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

6000年前、北アジアで人は野生のウマに出会った。草原の民の最高の伴侶となったウマは、騎馬・調教の方法と、馬車の技術とともにユーラシア全域に広まっていく。シュメルの戦車として、スキュタイの騎馬遊牧として、漢の軍馬として……。最新の考古学の発掘成果を駆使し、ウマと人の最古のつながりを探る渾身の書。

目次

  • 1 ユーラシア草原のウマとヒト――ウマ利用を開始したウクライナ草原
  • 2 車輪と車両の発明――橇から馬車へ
  • 3 馬車そして古代戦車の発生――草原とメソポタミアのあいだ
  • 4 古代戦車中国へ――殷墟に埋れた馬と車
  • 5 騎馬と遊牧と騎兵
  • 6 馬と人の社会

製品情報

製品名 ウマ駆ける古代アジア
著者名 著:川又 正智 装丁:山岸 義明 装丁:中津川 稔
発売日 1994年03月04日
価格 定価 : 本体1,456円(税別)
ISBN 978-4-06-258011-3
通巻番号 11
判型 四六
ページ数 262ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

書店在庫を見る