日本に恐ろしい大きな戦争が迫り来る

ニホンニオソロシイラージウォーガセマリクル
日本に恐ろしい大きな戦争が迫り来る
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

次期アメリカ大統領を決める2016年の大統領選挙がスタートした。最有力候補とされるヒラリー・クリントンが、もし大統領になったら、世界は一気に「大きな戦争(ラージウォー)」に突入する。安保法制を整備、憲法改正と、ヒラリーとネオコン同盟に呼応する安倍政権。極東で起こりうるアジア人どうしの戦争に、日本が巻き込まれないために、知っておくべきこと。副島隆彦が近未来を予測(予言)する!


次期アメリカ大統領を決める2016年の大統領選挙がスタートした。

最有力候補とされるヒラリー・クリントンが、もし大統領になったら、世界は一気に「大きな戦争(ラージウォー)」に突入する。

安保法制を整備、憲法改正と、ヒラリーとネオコン同盟に呼応する安倍政権。

極東で起こりうるアジア人どうしの戦争に、日本が巻き込まれないために、知っておくべきこと。

副島隆彦が近未来を予測(予言)する!

目次

  • 第1章 大きく2つに割れているアメリカ
  • 第2章 アメリカの次期大統領を予測する
  • 第3章 アメリカを動かす政治家・高官最新情報
  • 第4章 国際紛争の6つの段階
  • 第5章 ショック・ドクトリンが世界を襲う
  • 第6章 極東の平和と安定を守り抜くために

製品情報

製品名 日本に恐ろしい大きな戦争が迫り来る
著者名 著:副島 隆彦
発売日 2015年03月19日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-219481-5
判型 四六
ページ数 290ページ

著者紹介

著:副島 隆彦(ソエジマ タカヒコ)

評論家。1953年、福岡市に生まれる。早稲田大学法学部卒業。銀行員、予備校講師、常葉学園大学教授を経て、現在に至る。政治思想、法制度論、経済分析、社会時事評論、言語研究などの多分野で活躍。日米の政財界、シンクタンクなどに独自の情報源を持ち、日本人初の「民間人・国家戦略家」として、副島国家戦略研究所(SNSI)を主宰。
著訳書は200冊を超える。主著は、『世界覇権国アメリカを動かす政治家と知識人たち』(講談社+α文庫)、『属国・日本論』(五月書房)。近著には『副島隆彦の政治映画評論 ヨーロッパ映画編』(ビジネス社)、『官製相場の暴落が始まる 相場操縦しか脳がない米、欧、日 経済』(祥伝社)、『金融市場を操られる絶望国家・日本』(徳間書店)、『[新版]属国日本論を超えて』(PHP研究所)などがある。

ホームページ「副島隆彦の学問道場」
URL: http:/www.snsi.jp/

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス