首長パンチ--最年少市長GABBA奮戦記

クビチョウパンチサイネンショウシチョウガバフンセンキ
  • 電子あり
首長パンチ--最年少市長GABBA奮戦記
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ひょんなことから市長に立候補してしまった青年が、現職を破り奇跡の当選――古参幹部、自民や共産の市議、医師会、地元マスコミのドン……次々と立ちはだかる難敵とのガチンコ大バトルの末、ついにリコール再選挙! ダメダメ日本を元気にする、愛と感動のノンストップ冒険物語!


佐賀県・武雄市民、そして、市外・県外・日本中から感動の声、声、声!
「武雄市始まったな」
「絶対に市役所なんか就職したくないと思っていたけど、いまは選択肢のひとつにいいかなって」
「行政を海外に売りたい、なんてどーゆーこと? がんばれ! ムチャ振り市長!!」
「武雄市は変わりました! 活気があるって、一生懸命って素晴らしい」
「いやあ~市長、闘ってますね~、ボクでもリコールまでは受けない」(某有名知事)

「たわしではありません。ひ・わたしです」
ひょんなことから故郷・佐賀県武雄市の市長に立候補してしまった青年が、現職を破り奇跡の当選――
次々とユニークな「まちおこし策」を打ち出し、一躍、脚光を浴びるものの、役所の古参幹部、自民や共産市議、医師会、地元マスコミのドン……
次々と立ちはだかる難敵とのガチンコ大バトルの末、ついにリコール再選挙!
ダメダメ日本を元気にする愛と感動のノンストップ冒険物語

【首長】シュチョウ
  ある集団・団体・組織の長。主宰者。
  狭義では、地方自治体の長(知事、市長、町長)を指す。
  行政関係者は、「クビチョウ」と呼ぶ。[――選挙]

「とほほとは何ですか、とほほとは! あんたね、武雄の未来をよくしたいと言って市長になったんでしょう。
この町の未来にとって決定的に重要な問題を解決できないのなら、市長なんか辞めてしまわれたらどうですか」
(本文より)

目次

  • 第一章 沖縄のおばあに泡盛をかけられた
  • 第二章 官邸から大阪へ
  • 第三章 最年少市長と佐賀のがばいばあちゃん課
  • 第四章 医師会というパンドラの箱
  • 第五章 リコール、そして全面戦争!
  • 第六章 武雄から風を起こす

製品情報

製品名 首長パンチ--最年少市長GABBA奮戦記
著者名 著:樋渡 啓祐
発売日 2010年12月08日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-216676-8
判型 四六
ページ数 258ページ

著者紹介

著:樋渡 啓祐(ヒワタシ ケイスケ)

(ひわたし・けいすけ)
1969年佐賀県武雄市生まれ。佐賀県武雄市長、日本ツイッター学会会長。
93年東京大学経済学部卒業後、総務庁に入省、大阪府高槻市市長公室長への出向などを経て、総務省大臣官房秘書課課長補佐を最後に、同省を退職。
2006年、佐賀県武雄市長選に立候補。
現職市長を大差で破り、全国最年少市長として注目を浴びる。
テレビドラマ『佐賀のがばいばあちゃん』のロケ誘致、レモングラス、いのしし肉などの特産品化、
及びその販売促進、おばあちゃんボーカルグループ『GABBA』上海万博公演などユニークなアイディアを連発し、武雄市の活性化に貢献する。
武雄市はいまや日本でいちばん視察ツアーの多い自治体に。
著書に『「力強い」地方づくりのための、あえて「力弱い」戦略論』(ベネッセコーポレーション)がある。

オンライン書店で見る