出雲大社の暗号

イズモタイシャノアンゴウ
出雲大社の暗号
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

出雲ではなぜ、すべてが「逆」なのか。なぜ「巨大」なのか。
神在月、注連縄、神座、火継ぎ神事……。境内から発見された巨大宇豆柱。

現在も出雲大社の祭祀を司る「出雲国造家」とは!?
解けた、天孫降臨神話の封印。ヤマト建国をめぐる分裂と裏切りの壮大なドラマ!

それにしても不可解である。なぜ、出雲大社はこれほどまでに大きいのだろう。(略)巨大な神殿建造の原動力は、出雲神に対する信仰の篤さであろう。しかし、ここにいう「信仰」とは、「敬虔」という意味合いとも少し違うように思えてならない。それは「畏敬」であり、さらに正確に言えば、「恐怖心」ではなかったか。つまり、「出雲を追いつめた過去」に対する「懺悔」こそが、巨大な神殿の真相ではあるまいか。(略)謎解きの鍵を握っていたのは、大国主神ではないか……。筆者はそう考えてきた。しかし、大国主神に拘泥するあまり、これまで迷宮から抜け出すことができなかったことに、今回気付かされた。答えを握っていたのは、意外な人物(神)であった。――<「はじめに」より>

製品情報

製品名 出雲大社の暗号
著者名 著:関 裕二
発売日 2010年10月26日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-216601-0
判型 四六
ページ数 242ページ

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス