すこしの努力で「できる子」をつくる

スコシノドリョクデデキルコヲツクル
すこしの努力で「できる子」をつくる
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

楽な子育てが、うまい子育てです
あせらず、しかし確実に一番適切な時期に必要な教育をしましょう。生物学、脳科学、進化論、科学論そして自らの経験を結集して、最強の子育て術を探りました。

臨界期について理解することが、子育て成功のカギです
脳に対して「どういう時期にどういうインプットを与えたらうまくいくのか」ということはかなり決まっています。大人になってからでも十分間に合う、ということもあるし、子どものある一時期までにしかうまく習得できないものもある。この「時期」のことを専門用語で「critical period」、日本語で「臨界期」と言います。この臨界期を越えると、その能力の習得はとても難しくなるんです。だから、一番いい時期に一番いい刺激を与えてやることがとても大事です。そういうこともあって、「なるべく手抜きを」と言いたいんです。あんまり一生懸命にやらないで、それでまっとうな子どもが育てられれば、それが一番いいわけですからね。

目次

  • はじめに 脳の不思議と子育て
  • 第1章 母親が世界である<胎児期>
  • 第2章 脳の基本構造を作る<乳児期>
  • 第3章 人間のはじまり<幼児期>
  • 第4章 暗記のすすめ<小学校前半>
  • 第5章 読書と学習の習慣を<小学校後半>
  • 第6章 勝ち組移行のラストチャンス<中学校以降>
  • おわりに 子どもは親の背中を見て育つ

製品情報

製品名 すこしの努力で「できる子」をつくる
著者名 著:池田 清彦
発売日 2006年06月01日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-213410-1
判型 四六
ページ数 246ページ