魔球の伝説

講談社文庫
マキュウノデンセツ
  • 電子あり
魔球の伝説
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

目の前のプレーそのものよりも、記録に残された、あるいは書き残されたものがもつ、もうひとつの野球の魅力を人々は知っている。実現されなかった可能性を残して逝った沢村栄治、幻の盗塁王ビリー・ハミルトン、神話を演じた男・山口高志など、幾多のプレイヤーたち。そして、黒人大リーガーの光と影……。これはボールに命運を賭け、伝説となった男たちに贈る讃辞なのだ! 「もう一つの野球」シーンを追いもとめた、芥川賞作家による入魂の日米野球エッセイ集。かつて野球少年だったアナタへ捧ぐ、白球に賭けた男たちの知られざる人生、夢と挫折!

製品情報

製品名 魔球の伝説
著者名 著:吉目木 晴彦 解説:関川 夏央 その他:ヘンリ-・ホ-レンスタイン その他:坂川 栄治 デザイン:菊地 信義
発売日 1994年02月04日
価格 定価 : 本体427円(税別)
ISBN 978-4-06-185604-2
判型 A6
ページ数 254ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は1989年6月から12月まで、月刊誌「DAYS JAPAN」に連載した文章に大幅に筆を加えたものです。

オンライン書店で見る