小説の如く奇なり

講談社文庫
ショウセツノゴトクキナリ
  • 電子あり
小説の如く奇なり
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

事実が小説よりも面白い、というのは間違いだ。小説のように面白い、と考えるのが正当ではないか。作家の自負心から、小説という虫メガネで事実をとらえてみたいと志した著者が、札幌の屋台、元横綱の断髪式、温泉場の芸者さん、能古島の愉しい漁師、シンガポールのラッフルズ・ホテルなどをたずね歩いた、出色の読みもの12編。奇なる事実の背後にある小説的なおもしろさを、作家の自負をこめ作家の目で捉え、ユニークな題材に挑んだルポルタージュ!

製品情報

製品名 小説の如く奇なり
著者名 著:村松 友視 装丁:岸 顯樹郎
発売日 1990年05月07日
価格 定価 : 本体340円(税別)
ISBN 978-4-06-184679-1
判型 A6
ページ数 218ページ
シリーズ 講談社文庫

オンライン書店で見る