小説小林一三(下)

講談社文庫
ショウセツコバヤシイチゾウゲ
著:咲村 観 装丁:菊地 信義 装画:生頼 範義 解説:佐高 信
  • 電子あり
小説小林一三(下)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

事業の鬼にして文化人の、華麗なる一代記。想像だにしなかった株価の大暴落は、証券会社支配人の夢を一三から奪いさった。だが、それがかえって好運だったのかも知れない。新たに企画された私鉄建設の話が彼の前途に洋々と開ける。私鉄、デパート、歌劇、映画と、庶民の欲望を見抜いて先取りしたカルチャー商法で「大阪急」を築いた男の明治魂を描く話題作。


事業の鬼にして文化人の、華麗なる一代記。阪鶴鉄道監査役から箕有鉄道の経営へ、一三の商才はメキメキ頭角を現わす。鉄道に、デパートに、少女歌劇にと広がる夢を次々実現できた男の歩んだ道とその時代。

製品情報

製品名 小説小林一三(下)
著者名 著:咲村 観 装丁:菊地 信義 装画:生頼 範義 解説:佐高 信
発売日 1988年10月14日
価格 定価:502円(本体456円)
ISBN 978-4-06-184312-7
判型 A6
ページ数 350ページ
シリーズ 講談社文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る