花蔭の人 矢田津世子の生涯

講談社文庫
ハナカゲノヒトヤダツセコノショウガイ
著:近藤 富枝 解説:稲葉 暁 装丁:熊谷 博人
  • 電子あり
花蔭の人 矢田津世子の生涯
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

坂口安吾の永遠の恋人の薄幸な人生と文学。そして文学への情熱と報いられぬ愛を精緻に綴る! ーー矢田津世子は昭和19年、満37歳の若さで逝った。文壇一の美女とうたわれ、トイフェル(悪魔)と噂されながらの短い生涯であった。坂口安吾の永遠の恋人と目されながら、文学ひとすじに激動の昭和前期を生きた津世子の生涯に、周辺に集散する多感な男女作家の心の遍歴を重ねあわせたノンフィクション!

製品情報

製品名 花蔭の人 矢田津世子の生涯
著者名 著:近藤 富枝 解説:稲葉 暁 装丁:熊谷 博人
発売日 1984年12月10日
価格 定価:396円(本体360円)
ISBN 978-4-06-183393-7
判型 A6
ページ数 246ページ
シリーズ 講談社文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る