最強のプロ野球論

講談社現代新書
サイキョウノプロヤキュウロン
  • 電子あり
最強のプロ野球論
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

日本野球が生んだ最高の選手たちの内面とは。投手は何を考え、打者は何を思ってプレーしているのか。一本のホームラン、一球のウイニングショットに秘められた思想を明かし、野球のワンダーランドにいざなう。(講談社現代新書)


日本野球が生んだ最高の選手たちの内面とは。投手は何を考え、打者は何を思ってプレーしているのか。一本のホームラン、一球のウイニングショットに秘められた思想を明かし、野球のワンダーランドにいざなう。

目次

  • 序章 究極の投球術──江夏豊論
  • 第1章 打撃する心
  • 第2章 フォークとスライダー
  • 第3章 職人たちの世界
  • 第4章 打者の思想、投手の論理

製品情報

製品名 最強のプロ野球論
著者名 著:二宮 清純
発売日 2000年06月20日
価格 定価 : 本体740円(税別)
ISBN 978-4-06-149510-4
通巻番号 1510
判型 新書
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社現代新書
初出 『本』に連載された「野球の唯物論」を元に再構成し、大幅な加筆訂正を加えたもの。それ以外の初出→第1章2 松坂大輔VSイチロー:『文藝春秋』(文藝春秋)1999年8月号「松坂大輔 イチローへの『18球』 補説1 史上最強の打者は誰か:『現代』1992年2月号 補説2 史上最強の投手は誰か:『現代』1991年10月号

オンライン書店で見る