写真美術館へようこそ

講談社現代新書
シャシンビジュツカンヘヨウコソ
写真美術館へようこそ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

“まなざしの芸術”――写真は、何をどのようにして表現してきたのか。古今東西の名作・快作を集めた“紙の上の美術館”へご案内。その魅力と本質を縦横無尽に語り尽くす、本格的写真入門。

「写真表現とは何か」――そこで当館の展示では、あえてその「写真表現とは何か」という基本的な原理を考えてみようと思うわけです。具体的には写真史のはじまりから現代までほぼ時代順に5つの部屋を設けております。それぞれの部屋がまた3つくらいのパートに分かれている。第1室の「光学・発明・絵画」だったら「写真がなかった頃」、「写真の誕生」、「絵画と写真」、第2室の「鎖・肖像・裸体」は「鏡と“顔”」、「向こう岸のイメージ」、「裸体の饗宴」といった具合です。つまり私のもくろみといたしましては、第1室から第5室までざっと見ていただければ、写真表現に関わるいろいろな問題について、19世紀から現在までの写真の歴史も含めて自然に無理なく理解することができる、そんな展示をめざしています。あまりにも欲ばりな企画で、うまくいくといいのですが……。――本書より

目次

  • ●光学・発明・絵画
  •  写真の誕生
  • ●鏡・肖像・裸体
  •  向こう岸のイメージ
  • ●風景・モノ・都市
  •  「デペイズマン」の美学
  • ●出来事・社会・私
  •  戦争と観光
  • ●色・複製・フレーム
  •  デジタル写真の可能性

製品情報

製品名 写真美術館へようこそ
著者名 著:飯沢 耕太郎
発売日 1996年02月20日
価格 定価:946円(本体860円)
ISBN 978-4-06-149287-5
通巻番号 1287
判型 新書
ページ数 236ページ
シリーズ 講談社現代新書

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス