「ニャーブル美術館」既刊・関連作品一覧

  • 特集・レビュー
ニャーブル美術館

「キャット・アート」で人気のシュー・ヤマモトさんが、今回は「有名絵画猫バージョンのルーヴル美術館」として、特別に『ニャーヴル美術館』を開館します!シュー・ヤマモトさんが作り出す、彫刻も含む猫美術はセンス良く、精巧。作品タイトル、作家名も猫語に変換し、美術愛好家の笑いも誘います。本書のための描きおろし63点を含む75点の作品の中で見せる猫の表情は、とても魅力的です。 今回はガイド役に、《モナ・リザ》ならぬ、《モニャ・リザ》のモニャちゃんを起用!長年、ニャーヴル美術館でともに過ごしてきた仲間たちを時に愛情深く、時に自分勝手に解説していきます。もとの名画を知っている方はもちろん、美術に馴染みのない方も、猫美術の真髄『ニャーヴル美術館』をお楽しみください! 『ニャーヴル美術館』所蔵作品を一部ご紹介! サモトラケの三毛 ミロ猫のヴィーナス ミラノの貴婦猫の肖像(ニャ・ヴィンチ) フランス猫王フニャンソワ1世(クニャーエ) 夏(アルチンニャルド) のみをとる少年猫(ニャリーリョ) 幼女ニャルガリータ(ネコスケス) 天文学者(フェルネーコ) レースを編むメス猫(フェルネーコ) ニャポレオン(ニャヴィッド) ニャカミエ夫人(ニャヴィッド) グランド・オダリスク(ニャングル) 民猫を率いる自由の猫神(ドラネコワ) 真珠のメス猫(ネコロー) などなど・・・・・・