言葉・狂気・エロス 無意識の深みにうごめくもの

講談社現代新書
コトバ・キョウキ・エロスムイシキノフカミニウゴメクモノ
言葉・狂気・エロス 無意識の深みにうごめくもの
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

人間存在の最深部でみたされぬ生のエネルギーが奔出する。広大な無意識の言語風景の中で、狂気とエロティシズムの発生を精緻に、鮮烈に照射する哲学の冒険。

殻を脱がない蛇は死ぬ――ローマ時代の修辞家・クインティリアヌスは“Damnant quod non intelligunt(人は自分が理解できない物事は、ダメなもの、間違ったことと決めつける)”と言ったが、まことに人間老いも若きも、わからないものはいやなのである。……しかし日常の創発性という生命の動きがとまってはならない。動きとはまた変化でもある。「殻を脱がない蛇は死ぬ」。――本書より

目次

  • ●消費する動物“ヒト”の欲望
  • ●AIに見る東西思想の融合
  • ●神が隠す〈死〉の快感
  • ●サルトルと同じ土俵にいたフロイト
  • ●東洋哲学の〈深層意識の言葉〉
  • ●小野小町とアポリネール
  • ●原始語の多義性と夢の象徴
  • ●エロ・グロ・ナンセンス讃
  • ●狂気と創造性
  • ●虚構の美と生活世界
  • ●世阿弥の夢幻能
  • ●殻を脱がない蛇は死ぬ

製品情報

製品名 言葉・狂気・エロス 無意識の深みにうごめくもの
著者名 著:丸山 圭三郎 装丁:杉浦 康平 装丁:谷村 彰彦
発売日 1990年06月12日
価格 定価:770円(本体700円)
ISBN 978-4-06-149002-4
通巻番号 1002
判型 新書
ページ数 216ページ
シリーズ 講談社現代新書

書店在庫を見る