拗ね者たらん  本田靖春 人と作品

スネモノタランホンダヤスハルヒトトサクヒン
  • 電子あり
拗ね者たらん  本田靖春 人と作品
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

『現代家系論』『日本ネオ官僚論』『私のなかの朝鮮人』『誘拐』『私戦』『不当逮捕』『疵』『警察回り』『「戦後」美空ひばりとその時代』『我、拗ね者として生涯を閉ず』・・・読売新聞社会部エース記者として名を馳せ、独立後は『不当逮捕』『誘拐』などの名作を生んだ孤高のジャーナリストの生涯を、その作品群と新聞記者・編集者など多くの関係者のインタビューから浮かび上がらせた人物ノンフィクション。

本田靖春(ほんだ・やすはる)とは――1933年、旧朝鮮・京城に生まれる。早稲田大学政治経済学部新聞学科を卒業し、55年、読売新聞社に入社。社会部記者、ニューヨーク特派員などとして活躍。とくに精力を傾けた連載「『黄色い血追放』キャンペーン」では、日本の献血制度確立に多大な貢献を果たした。
71年に退社、フリーのノンフィクション作家となる。84年、『不当逮捕』で講談社ノンフィクション賞を授賞。
代表作に『誘拐』『私戦』『村が消えた』など。『我、拗ね者として生涯を閉ず』連載最終回を残して、2004年12月4日死去。享年71。

目次

  • 第1部
  • 第一章 第二の出発 『現代家系論』
  • 第二章 人間を描く 『日本ネオ官僚論』
  • 第三章 己は何者か 『私のなかの朝鮮人』
  • 第四章 生涯、社会部記者 『体験的新聞紙学』
  • 第五章 世界を歩く 『ニューヨークの日本人』
  • 第六章 事件の全体像を 『誘拐』
  • 第2部
  • 第七章 負の歴史を問う 『私戦』
  • 第八章 雑兵への憧憬 『K2に憑かれた男たち』
  • 第九章 国家を信ぜず 『村が消えた』
  • 第十章 スクープ記者の陥穽 『不当逮捕』
  • 第十一章 アウトローの挽歌 『疵』
  • 第十二章 わが青春記 『警察回り』
  • 第十三章 大スターの物語 『「戦後」 美空ひばりとその時代』
  • 第十四章 放牧の自由人 『評伝 今西錦司』
  • 第3部
  • 第十五章 インタビュー人物論 『戦後の巨星 二十四の物語』
  • 第十六章 未刊のノンフィクション 「岐路」
  • 第十七章 灯りを手渡す 『複眼で見よ』
  • 第十八章 病床にありて 『時代を視る眼』
  • 第十九章 自伝的ノンフィクション 『我、拗ね者として生涯を閉ず』
  • 終章 漢たらん
  • あとがき

製品情報

製品名 拗ね者たらん  本田靖春 人と作品
著者名 著:後藤 正治
発売日 2018年11月29日
価格 定価 : 本体2,400円(税別)
ISBN 978-4-06-514030-7
判型 四六
ページ数 402ページ
初出 <読書人の雑誌>「本」(講談社)2015年8月号~2017年5月号

著者紹介

著:後藤 正治(ゴトウ マサハル)

1946年、京都市に生まれる。ノンフィクション作家。
『遠いリング』で講談社ノンフィクション賞、『リターンマッチ』で大宅壮一ノンフィクション賞、『清冽』で桑原武夫学芸賞受賞。近著に『天人』『奇蹟の画家』(ともに講談社文庫)、『言葉を旅する』(潮出版社)、『後藤正治ノンフィクション集』(全10巻、ブレーンセンター)など。

オンライン書店で見る