医者には絶対書けない幸せな死に方

講談社+α新書
イシャニハゼッタイカケナイシアワセナシニカタ
  • 電子あり
医者には絶対書けない幸せな死に方
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「できればポックリと死にたい」「穏やかに死にたい」。
でも、そのためには準備が必要。
このままでは、死ぬに死ねない!

病院死が8割を超える現代日本。
そのほとんどの人が終末医療を経て亡くなる。
じつはこの終末医療、死にゆく人にとっては、「拷問」に等しい苦しみということはご存じだろうか。
人は死ぬ間際になると、栄養をほとんど必要としなくなり、枯れるように亡くなる。
いわゆる餓死のような状態が自然で楽な死に方。
しかし終末医療では、そうした状態の人に延命と称して、チューブで無理矢理栄養や水分を送り込む「処置」が行われる。
そうやって死ぬに死ねない状態で、苦しみながらベッドの上で数ヵ月生き続けることになる。

それが本人にとって、家族にとって幸せな死に方なのだろうか?

いまでは「ムダな延命措置を拒否する」ことを希望する人も増えてきたが、
それでも一度、状態が悪化してチューブを取り付けられたら最後、
それを途中から外すことは、いまの日本ではきわめて難しい。

そのような状態にならないためにはどうすればいいのか。

本書では家族を相次いで介護することになった著者が、
自らの体験をベースに、本人にとって、家族にとってベストの選択とはなにか、
どうすればそのベストの選択ができるのかを明らかにしていく。

医者との付き合い方、介護施設の見つけ方、どのくらいカネがかかるのかなどなど。

人生でもっとも大切な最期の時間をみんなハッピーに過ごすためのガイドブック。

目次

  • はじめに
  • 第1章 死に方の理想と現実
  • 第2章 医師・病院と正しくつき合う技術
  • 第3章 癌で死ぬという解
  • 第4章 本当にアルツハイマーなのか?
  • 第5章 認知症の親と向き合う
  • 第6章 大切な老後資金を奪われないために
  • 第7章 老後破産しないための経済学
  • 第8章 死に場所としての施設を見つける技術
  • 第9章 「ここで死んでもいいですか?」
  • 第10章 死に方・死に時は選べるのか
  • おわりに──愛する技術と死ぬ技術

製品情報

製品名 医者には絶対書けない幸せな死に方
著者名 著:たくき よしみつ
発売日 2018年01月20日
価格 定価 : 本体840円(税別)
ISBN 978-4-06-291514-4
判型 新書
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社+α新書

著者紹介

著:たくき よしみつ(タクキ ヨシミツ)

1955年、福島県生まれ。小説、デジタル文化論、デジカメ写真、狛犬美術など、幅広い分野で執筆活動。50代から福島県川内町に居を移すも、東日本大震災後、日光市に移住。著書に『デジカメに1000万画素はいらない』(講談社現代新書)、『大人のための新オーディオ鑑賞術』(講談社ブルーバックス)、『テレビが言えない地デジの正体』(ベスト新書)、『裸のフクシマ』(講談社)など。
WEBサイト http://takuki.com/

オンライン書店で見る