奪われざるもの SONY「リストラ部屋」で見た夢

講談社+α文庫
ウバワレザルモノソニーリストラベヤデミタユメ
  • 電子あり
奪われざるもの SONY「リストラ部屋」で見た夢
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

17年間で都合6度、目標削減数8万人の未曾有のリストラを進めたソニー。
その時、無辜(むこ)の会社員はどう生きたか。
元海外営業マンは「公園居酒屋」で団結し、エンジニアはリストラ部屋でもモノ作りを続け、現場の女性は徹底的に抗った。そして、多くがソニーDNAを新たな場所で芽吹かせようと散っていった。
リストラ部屋の人々がすべて実名で語る。嘆くな、前を向け、と。
『しんがり 山一證券 最後の12人』で感動を呼んだ著者の最新作を早くも文庫化!

目次

  • 第1章 凋落の予兆
  • 第2章 ターニング・ポイント
  • 第3章 技術者の矜持
  • 第4章 リストラ志願
  • 第5章 マイレージ、マイライフ
  • 第6章 切り捨てSONY
  • 第7章 終わらない苦しみ
  • 終章 リストラでも奪えないもの

製品情報

製品名 奪われざるもの SONY「リストラ部屋」で見た夢
著者名 著:清武 英利
発売日 2016年05月20日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-281673-1
判型 A6
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社+α文庫
初出 本作品は2015年4月、小社より刊行された『切り捨てSONY リストラ部屋は何を奪ったか』を一部修正し、改題したものです。

著者紹介

著:清武 英利(キヨタケ ヒデトシ)

きよたけ・ひでとし―1950年宮崎県生まれ。立命館大学経済学部卒業後、75年に読売新聞入社。青森支局を振り出しに、社会部記者として、警視庁、国税庁などを担当。中部本社(現中部支社)社会部長、東京本社編集委員、運動部長を経て、2004年8月より読売巨人軍球団代表兼編成本部長。11年11月、専務取締役球団代表兼GM・編成本部長・オーナー代行を解任され、係争に。現在はノンフィクション作家として活動。著書『しんがり 山一證券 最後の12人』(講談社+α文庫)で2014年度講談社ノンフィクション賞受賞。主な著書に『特攻を見送った男の契り』(WAC BUNKO)など。本書の元になった単行本『切り捨てSONY』は2016年度大宅壮一ノンフィクション賞の最終候補作になった。

オンライン書店で見る