君は山口高志を見たか 伝説の剛速球投手

講談社+α文庫
キミハヤマグチタカシヲミタカデンセツノゴウソッキュウトウシュ
  • 電子あり
君は山口高志を見たか 伝説の剛速球投手
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

阪急ブレーブスの黄金時代を支えた天才剛速球投手の栄光、そして悲哀のノンフィクション。

身長169cmから繰り出されるストレートは、160kmを超えた! その剛速球には、男の意志が込められていた。

野球が最も輝いていた時代、ひときわ輝く彼のピッチングにファンは痺れ、そのスピードは記憶に焼き付いた。

――男の名は、山口高志。伝説がいま甦る!

目次

  • プロローグ
  • 一 衝撃
  • 神宮が燃えた 
  • 反対された東京六大学への進学
  • 剛速球を生んだ特訓
  • 村山実の言葉
  • 絶対的エースへ
  • 二 プロ入り拒否
  • 「打倒東京」の悲願
  • 「メジャーでも十分通用する」
  • 塗り替えた七つのリーグ記録
  • プロ入りを拒否したワケ
  • 白紙の小切手
  • 三 誕生
  • 原点は長屋の路地
  • 持って生まれた資質
  • ピッチングフォームを体得
  • 制球よりも速球
  • 後悔と満足感
  • 甲子園はおまけ
  • 四 葛藤
  • ボールが焦げる臭いがした
  • プロで力を試したくなった
  • キューバをねじ伏せた
  • ドラフト会議の舞台裏
  • 五 プロの壁
  • 周囲の期待と山口の不安
  • 酒に求めた慰め
  • 失いかけた直球への自信
  • 恐怖の「羽田ポカリ事件」
  • 六 最盛期
  • 勝てない日々
  • 二度目の胴上げ
  • 「赤ヘル軍団」との決戦
  • 四時間四十九分の激闘
  • 祭りの後
  • 七 阪急の悲願
  • 兼務という激務
  • 巨人に勝つために
  • ベテランの意地
  • Nの不在
  • 阪急が一番強かった時代
  • 八 引退
  • 突然の激痛
  • 剛速球の代償
  • 黄金時代の終焉
  • 衰えていった球威
  • 「太く短くでいい」
  • 山口が示した生きざま
  • 九 継承
  • 山口のコーチ論
  • 毎日がピクニックのよう
  • 闘将からの電話
  • 藤川球児に託した剛速球
  • 美しき師弟愛
  • 再びスカウトに
  • 愛すべき男
  • エピローグ
  • 山口高志の今、これから

製品情報

製品名 君は山口高志を見たか 伝説の剛速球投手
著者名 著:鎮 勝也
発売日 2016年07月21日
価格 定価 : 本体780円(税別)
ISBN 978-4-06-281674-8
判型 A6
ページ数 412ページ
電子版製品名 君は山口高志を見たか 伝説の剛速球投手
シリーズ 講談社+α文庫
初出 本書は2014年10月、小社より刊行された『伝説の剛速球投手 君は山口高志を見たか』を文庫収録にあたり、加筆、修正したものです。

著者紹介

著:鎮 勝也(シズメ カツヤ)

1966年、大阪府吹田市生まれ。スポーツライター。大阪府立摂津高校、立命館大学産業社会学部卒。デイリースポーツ、スポーツニッポン新聞社で整理、取材記者を経験する。スポーツ紙記者時代は主にアマ・プロ野球とラグビーを担当。野球は久保康生、藪恵壹、山田正雄各氏、ラグビーは坂田好弘氏に師事する。著書に『花園が燃えた日』(論創社)がある。

オンライン書店で見る