すらすら読める養生訓

ノンフィクション・学芸(単行本)
スラスラヨメルヨウジョウクン
すらすら読める養生訓
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「養生の術をまなんで、よくわが身をたもつべし。長生きすれば、楽多く益多し」
ここには、長生きするのが養生の目的ではなく、老後を楽しく過ごすために養生をする、という益軒の人生哲学がある。

総ルビつき原文 著者オリジナル現代語訳つき

「養生の術は 先(まず)心気を養うべし」
『養生訓』といえば、からだの養生とすぐ思いがちだが、益軒は心の養生を優先して説いている。それは心身相関の確固とした理念、からだは心によって養われ、心はからだによって養われるという考えからである。だから益軒はまず、「養生の第一歩は心と気を養うことである」、だから「心を和らかにし、気を平らかにし」と説き、「心を養いからだを養う工夫は1つである」と言うのである。――<本文より>

製品情報

製品名 すらすら読める養生訓
著者名 著:立川昭二
発売日 2005年01月12日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-212582-6
判型 B6変型
ページ数 238ページ
初出 底本:『養生訓』8巻 正徳3(1713)年正月吉日、永田調兵衛門版行本/『貝原養生訓』4巻 文化9(1812)年5月 多田勘兵衛製作本

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV