ムズカシイことぬき! きほんの和食。

ムズカシイコトヌキキホンノワショク
  • 電子あり
ムズカシイことぬき! きほんの和食。
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 本書では、「肉じゃが」「鶏の照り焼き」など、料理の名前を聞いたら、味や形がすぐに思い出せるような、毎日のごはんに食べたくなる「基本の和食」を厳選紹介。
 今どきネット検索すれば、いくらでもレシピは出てくる時代。せっかく本を買うのなら、とっておきのプロの技が知りたいし、簡単でなければ日常的に使い勝手がよい本とはいえない。という我々のわがままを、ミシュラン一つ星を7年連続で獲得する和食の名店『鈴なり』の店主・村田明彦シェフが叶えてくれました。
 本書のレシピはすべてかんたんに作れて、『鈴なり』でも実際に使われている「コク旨隠し味テクニック」がつまっています。
 さらに、我々が日ごろやっていないけれど、このひと手間が店の味になるというコツも載っています。例えば「タコ、きゅうり、わかめの酢の物」。タコを酢でもむひと手間が、コリコリ食感を生み出して、やるとやらないでは全く別次元のおいしさになるのです。
 どのメニューにも細かくテクニック写真を入れました。手順を追いながら作ってみてください。

Part1 人気の定番がずらり! 献立作りに役立つ単品おかず54

【野菜】肉じゃが、筑前煮、小松菜のおひたし3種、ポテトサラダ、ふろふき大根鶏みそがけ、ほうれんそうの胡麻和え、かぼちゃの煮物、酢の物、きんぴらごぼう、白和え、焼きなす、なすの揚げびたし…etc
【肉】鶏のつくね焼き、鶏肉の照り焼き、豚肉のしょうが焼き、とんかつ、豚肉のみそ漬け焼き、和風ハンバーグ、豚バラ大根、鶏手羽先の甘酢唐揚げ、鶏肉の揚げ焼きねぎソース、鶏みそ唐揚げ
【魚】ブリ大根、サワラの西京焼き、アジの南蛮漬け、サバの味噌煮、サバの塩焼き、サンマの蒲焼き、ブリの照り焼き、鯛の昆布締め…etc
【卵】卵焼き、だし巻き卵、茶わん蒸し、あんかけ茶わん蒸し、半熟煮卵…etc
【豆腐】揚げ出し豆腐、肉豆腐、ごちそう冷や奴3種
【汁物】イワシのつみれ汁、ハマグリのお吸い物、豚汁、豆腐とワカメの味噌汁…etc

Part2 1品でも納得の満足感! 時間がない日のすぐ出来ごはん29

【丼・ご飯】カツ丼、焼き鶏丼、鶏そぼろ丼、親子丼、牛丼、マグロねばねば丼、高菜チャーハン、焼きめし、おにぎり6種、焼きおにぎり(しょうゆ)、鯛茶漬け、鶏野菜雑炊…etc
【麺】鶏南蛮そば、すだちそば、焼きうどん、和風だし香るカレーうどん
【鍋】鶏団子鍋、すき焼き、おでん、豚バラ白菜鍋

Part3 手抜きにみえない! 週末の腕まくりメニュー9

【肉】和風ローストビーフ、ローストビーフユッ風
【寿司】ちらし寿司、巻き寿司
【季節のごはん】栗ご飯、栗入りお赤飯風、竹の子ごはん

製品情報

製品名 ムズカシイことぬき! きほんの和食。
著者名 著:村田 明彦
発売日 2021年10月07日
価格 定価:1,430円(本体1,300円)
ISBN 978-4-06-525124-9
判型 A5
ページ数 112ページ

著者紹介

著:村田 明彦(ムラタ アキヒコ)

四谷荒木町「鈴なり」店主。1974年東京深川生まれ。高校時代、祖父のふぐ割烹でアルバイトをするうちに料理に目覚める。日本料理の老舗「なだ万」で13年間修業の後、2005年和食割烹「鈴なり」を構える。和食の本筋を踏まえた独創的な創作料理が評判となり、食通が集まる荒木町で連日満席の人気店となる。2011年よりミシュラン一つ星獲得。テレビや雑誌でも活躍中。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る