歴史劇画 大宰相 第七巻 福田赳夫の復讐

講談社文庫
レキシゲキガダイサイショウダイ7カンフクダタケオノフクシュウ
著・その他:さいとう・たかを 原作:戸川 猪佐武
  • 電子あり
歴史劇画 大宰相 第七巻 福田赳夫の復讐
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

昭和53年(1978)11月26日、党員による初の自民党総裁予備選挙が実施され、福田有利を覆すべく田中角栄は大平正芳と手を組んだ。総裁の座を射止めた大平は、しかし翌年の総選挙で敗北を喫す。厳しく退陣を迫る三木武夫、福田赳夫、中曽根康弘の反主流三派。総理・総裁分離論まで出て、自民党「40日抗争」に発展。事態収拾に努める党長老と大角との対立は激化し、大平は「鈍牛」のしたたかさで頑固に総理の座に居座りつづける。傑作戦後日本史第7弾!
解説:福田康夫(第91代内閣総理大臣)

製品情報

製品名 歴史劇画 大宰相 第七巻 福田赳夫の復讐
著者名 著・その他:さいとう・たかを 原作:戸川 猪佐武
発売日 2020年05月15日
価格 定価 : 本体940円(税別)
ISBN 978-4-06-519357-0
判型 A6
ページ数 544ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1990年に読売新聞社から刊行された、さいとう・たかを著「劇画 小説吉田学校」(原作・戸川猪佐武)「(13)大角連合」と「(14)四十日戦争」を改題、再編集し、1999年に講談社+α文庫に収録された作品を講談社文庫版として新装刊するもの。

著者紹介

著・その他:さいとう・たかを(サイトウ タカヲ)

劇画家。1936年、和歌山県生まれ、大阪府育ち。17歳で描いた『空気男爵』でデビュー。上京し、「さいとう・プロダクション」設立。1968年『ゴルゴ13』連載開始。その他の主な代表作に『台風五郎』『無用ノ介』『デビルキング』『バロム・1』『影狩り』『雲盗り暫平』『サバイバル』『仕掛人 藤枝梅安』『鬼平犯科帳』『剣客商売』など。2003年に紫綬褒章、2010年に旭日小綬章受章。2019年東京都名誉都民に選出。

原作:戸川 猪佐武(トガワ イサム)

1923年、神奈川県生まれ。早稲田大学政治学科卒業。読売新聞社政治部記者を経て、政治評論家として活躍。『小説吉田学校』は戦後政治を生々しく活写し、ベストセラーとなった。1983年没。

オンライン書店で見る