講談社 学習まんが 日本の歴史(19) 復興と高度成長

コウダンシャガクシュウマンガニホンノレキシ19フッコウトコウドセイチョウ
  • 電子あり
講談社 学習まんが 日本の歴史(19) 復興と高度成長
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

最新にして受験に役立つ!
今こそ「学びたい」「伝えたい」私たちの国の歴史

◎講談社の学習まんが、ここがすごい!

1 受験には情報量!「受験対応力がすごい!」
  〇「カリスマ講師」スタディサプリの伊藤賀一先生、絶賛!
2 最新の研究を反映!「監修者がすごい!」
3  面白いから読みたくなる!「漫画家がすごい!」

講談社 学習まんが 日本の歴史 第19巻(全20巻)

監修者:舟橋 正真(成城大学非常勤講師)
漫画家:三枝 義浩 代表作:『語り継がれる戦争の記憶』

「平和の灯で世界を照らせ!」。
東京オリンピックの聖火最終ランナーに、無名の大学生が選ばれた理由とは?

<収録内容>
第109話 「占領と日本国憲法」
敗戦でGHQによる占領、焼け野原からの再出発、新憲法発布までの道のり。

第110話 「取り残された人々」
戦争孤児、シベリア抑留者、中国残留孤児……。終戦後も続く人々の苦闘。

第111話 「東西冷戦と独立」
世界は冷戦時代に突入。はげしい東西対立のなか、日本の独立に向けた歩み。

第112話 「55年体制と安保条約」
冷戦は政党の再編につながり、安保条約改定をめぐり反対運動が展開される。

第113話 「高度経済成長」
所得倍増計画で、政治から経済の季節へと転換。高度経済成長を促進する。

第114話 「東京オリンピック」
驚異的な成長と国際社会への復帰、平和への願いが東京オリンピックに結実。

<監修者のことば>
 この巻では、敗戦後の占領下、復興をとげた日本が、高度経済成長のなかで「経済大国」となっていく過程を描いています。占領下の日本では、非軍事化と民主化の諸改革が進められ、基本的人権の尊重・国民主権・平和主義を原則とした日本国憲法が制定されるに至ります。しかしながら、冷戦への移行に伴い、占領政策は、経済復興優先へと大きく転換され、そのなかでサンフランシスコ平和条約と日米安全保障条約が結ばれ、日本は独立を回復していきます。
 独立後の日本社会は、高度経済成長によって変貌をとげ、「経済大国」への道を歩んでいきます。1964年の東京オリンピックはそれを象徴するものといえるでしょう。経済発展によって日本は豊かになりましたが、その反面、公害が深刻化し大きな社会問題となったことも事実です。
 占領の時代とは何であったのか。なぜ日本は復興できたのか。講和と安保がもつ意味とは何か。高度経済成長の功罪とは何か。本巻を通して、激動の戦後を振り返りつつ、現代とのつながりについても考えてみてほしいと思います。

製品情報

製品名 講談社 学習まんが 日本の歴史(19) 復興と高度成長
著者名 著:三枝 義浩 監:舟橋 正真 編:講談社
発売日 2020年07月03日
価格 定価 : 本体850円(税別)
ISBN 978-4-06-514404-6
判型 四六
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社 学習まんが

著者紹介

著:三枝 義浩(サエグサ ヨシヒロ)

埼玉県出身。
代表作にドキュメントコミックシリーズ『語り継がれる戦争の記憶』『キムンカムイ』(いずれも講談社)などがある。

監:舟橋 正真(フナバシ セイシン)

1982年茨城県生まれ。
日本大学大学院博士課程修了。博士(文学)。専門は近現代史で、特に「皇室外交」に詳しい。現在、成城大学非常勤講師。著書に『「皇室外交」と象徴天皇制 1960~1975年』(吉田書店)、共著に『戦後史のなかの象徴天皇制』(吉田書店)、『「昭和天皇実録」講義』(吉川弘文館)、『平成の天皇制とは何か』(岩波書店)、『皇后四代の歴史』(吉川弘文館)がある。

オンライン書店で見る