日本の国難 2020年からの賃金・雇用・企業

講談社現代新書
ニホンノコクナンニセンニジュウネンカラノチンギンコヨウキギョウ
  • イベント
日本の国難 2020年からの賃金・雇用・企業
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

+ もっとみる

目次

  • 世界金融危機「再来」の可能性
  • 日本経済を蝕む最大の病
  • 2020年以後の日本の雇用
  • 2020年以後の日本の企業
  • 2020年以後の日本の賃金
  • 生き残る自治体と転げ落ちる自治体

製品情報

製品名 日本の国難 2020年からの賃金・雇用・企業
著者名 著:中原 圭介
発売日 2018年04月19日
価格 定価:880円(本体800円)
ISBN 978-4-06-288463-1
通巻番号 2463
判型 新書
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:中原 圭介(ナカハラ ケイスケ)

1970年、茨城県生まれ。慶應義塾大学卒業後、金融機関勤務等を経て、現在は経営・金融 のコンサルティング会社「アセットベストパートナーズ株式会社」の経営アドバイザー・経済アナリストとして、企業・金融機関・地方公共団体等への助言・提案を行っている。サブプライム問題がまだ表面化していない2005年、アメリカ経済が好調の最中、サブプライム崩壊とその後の株価暴落を予見するなど、「もっとも予測が当たる経済アナリスト」として評価が高い。近著に『中原圭介の経済はこう動く〔2017年版〕』(東洋経済新報社)、『ビジネスで使える経済予測入門』 (ダイヤモンド社)、『格差大国アメリカを追う日本のゆくえ』(朝日新聞出版)などがある。東洋経済オンラインで「中原圭介の未来予想図」、ヤフーで「経済の視点から日本の将来を考える」を好評連載中。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス