日本経済の奇妙な常識

講談社現代新書
ニホンケイザイノキミョウナジョウシキ
  • 電子あり
日本経済の奇妙な常識
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

人気エコノミストによる新しい日本経済論!
1ドル=80円は「超円高」? 世界の基軸通貨は米ドル? 日本のマクロ経済の
根本問題は物価下落? 日本の所得格差拡大は、高齢化だけが原因?
消費税は段階的に上げた方がよい? 日本は高貯蓄経済ではなくなった?――
NHK「出社が楽しい経済学」やベストセラー『スタバではグランデを買え!』で
おなじみの著者が、日本人の経済常識をひっくり返す!

目次

  • はじめに 日本経済の奇妙な常識をくつがえす
  • 第1章  アメリカ国債の謎(コナンドラム)
  • 第2章  資源価格高騰と日本の賃金デフレ
  • 第3章  暴落とリスクの金融経済学
  • 第4章  円高対策という名の通貨戦争
  • 第5章  財源を考える――消費税の段階的増税vs.デリバティブ国債
  • おわりに

製品情報

製品名 日本経済の奇妙な常識
著者名 著:吉本 佳生
発売日 2011年10月18日
価格 定価:814円(本体740円)
ISBN 978-4-06-288128-9
通巻番号 2128
判型 新書
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:吉本 佳生(ヨシモト ヨシオ)

(よしもと よしお)
一九六三年、三重県生まれ。エコノミスト・著述家(元大学教員・元銀行員)。
専門は金融経済論、生活経済学、国際金融論。NHK教育・総合テレビで二一
回(再放送をふくめると五〇回以上)放送された、経済学教育番組「出社が
楽しい経済学」の出演・監修者。
著書に、『金融工学の悪魔』(日本評論社)、『金融広告を読め』(光文社新書)、
『スタバではグランデを買え!』(ダイヤモンド社)、『デリバティブ汚染』
『マクドナルドはなぜケータイで安売りを始めたのか?』(以上、講談社)、
『無料ビジネスの時代』(ちくま新書)、『数字のカラクリを見抜け!』(PHP
ビジネス新書)、共著書に、『禁欲と強欲』(講談社)などがある。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る