動きが心をつくる──身体心理学への招待

講談社現代新書
ウゴキガココロヲツクルシンタイシンリガクヘノショウタイ
  • 電子あり
動きが心をつくる──身体心理学への招待
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

身体の動きを軽視する現代人。でも実は、姿勢・呼吸・歩き方といった身体の動きが心にも大きな影響を与えている。その実態を明らかにする。さらに心身を健康にする実践的ボディワークも紹介!    

【本書で紹介される実例】
・呼吸で「呼息」「腹息」「長息」の三つを意識すると、心が落ち着き、気力が充実する
・筋肉の緊張をやわらげると、恐怖心が収まる
・笑顔を禁じると、おもしろいという感情も減る
・ずっとうつむいた姿勢でいると、うつっぽい気分になり、前頭葉も活性化しない
・速いテンポで歩くと、活動性が高まる
・幼児期に親との接触する機会が多いと、孤独感が低くなる

目次

  • 第1章 心が生まれる前
  • 第2章 心の誕生
  • 第3章 動き、体、心
  • 第4章 心が先か、動きが先か
  • 第5章 動きから心へ
  • 第6章 レスペラント反応と生理・心理との関係
  • 第7章 新しい人間の全体像
  • 第8章 人間の根源の様相
  • 第9章 からだ言葉
  • 第10章 エンボディド・マインド
  • 第11章 生活を豊かにする心身統一ワーク

製品情報

製品名 動きが心をつくる──身体心理学への招待
著者名 著:春木 豊
発売日 2011年08月18日
価格 定価:946円(本体860円)
ISBN 978-4-06-288119-7
通巻番号 2119
判型 新書
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:春木 豊(ハルキ ユタカ)

(はるき ゆたか)
一九三三年東京生まれ。早稲田大学大学院博士課程修了。文学博士。専攻は身体心理学、健康心理学。早稲田大学人間科学部教授などを歴任。早稲田大学名誉教授。編著書に『身体心理学』(川島書店)、共著書に『健康の心理学』(サイエンス社)、共編著書に『学習心理学』(サイエンス社)など。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る