ケータイ世界の子どもたち

講談社現代新書
ケータイセカイノコドモタチ
  • 電子あり
ケータイ世界の子どもたち
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

プロフいじめ、学校裏サイト、メール依存……
子どもたちの生活がケータイによって大きく変貌している!

子どもたちにとってのケータイは、通話ツールではなく、
むしろ友人同士のメール交換や、お気に入りのサイトを覗くブラウザとして利用されています。
使い方のルール・マナーが定まらないまま、子どもたちのケータイ世界は急速に拡大しました。
学校裏サイトやプロフでは「いじめ」が多発、さらに児童売春の温床となったり、
深夜まで自室でメールに耽る子どもたちが続出し、大きな社会問題になっています。
親は、教師はどう対処すればよいか、途方に暮れています。
有害サイトを制限する「フィルタリング」も大きな問題を抱えています。
大人たちは子どものケータイ世界とどう向き合ったらいいか。
この問題の第一人者が真摯に問う一冊です。


目次

第一章 子どもたちはケータイを何に使っているか
第二章 ネットいじめの実態
第三章 子どもの生活を支配するもの
第四章 有害情報をどう規制するか──迷走するフィルタリング
第五章 子どもの健全育成に何が必要か
第六章 親、教師、社会ができること

目次

  • 第1章 子どもはケータイを何に使っているか
  •  ●子ども向けケータイは安心か
  •  ●「出会い系」も「非出会い系」も児童売春の場
  •  ●度を越えた残虐映像やわいせつ映像
  •  ●「無料」に子どもは弱い etc.
  • 第2章 ネットいじめの実態
  •  ●報告された4883件のネットいじめ
  •  ●個人情報を公開する手口
  •  ●実態の見えにくい「学校裏サイト」
  •  ●生徒指導担当教師の悩み etc.
  • 第3章 子どもの生活を支配するもの
  •  ●1分以内に返事がなければ無視したことに
  •  ●メール依存症
  •  ●中学生に多い抑うつ傾向
  •  ●「やりたいことがわからない」若者たち etc.
  • 第4章 有害情報をどう規制するか
  •  ●優良サイトまで排除
  •  ●ドコモ、auの行き過ぎた囲い込み
  •  ●居場所を失う子どもたち
  •  ●フィルタリング解除をめぐる親子の攻防 etc.
  • 第5章 子どもの健全育成に何が必要か
  •  ●生活習慣の乱れとメディア
  •  ●メディア漬けを助長する子ども部屋
  •  ●暴力表現や性表現の何が危険か
  •  ●子育てに必要なバランス感覚 etc.
  • 第6章 親、教師、社会ができること
  •  ●「ケータイがほしい」と子どもに言われたら
  •  ●子どもに必要な第3の居場所
  •  ●学校のケータイ・ポリシー
  •  ●地域で進む多様な取り組み etc.

製品情報

製品名 ケータイ世界の子どもたち
著者名 著:藤川 大祐
発売日 2008年05月17日
価格 定価 : 本体720円(税別)
ISBN 978-4-06-287944-6
通巻番号 1944
判型 新書
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社現代新書

オンライン書店で見る