モスラの精神史

講談社現代新書
モスラノセイシンシ
モスラの精神史
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

なぜ蛾の姿なのか?
あの歌の意味はなにか?
ゴジラとどこが違うのか?
多くの謎が、いま解き明かされる!

プロローグ──モスラが飛んだ日
第一章 三人の原作者たち
第二章 モスラはなぜ蛾なのか
第三章 主人公はいったい誰か
第四章 インファント島と南方幻想
第五章 モスラ神話と安保条約
第六章 見世物にされた小美人と悪徳興行師
第七章 『モスラ』とインドネシア
第八章 小河内ダムから出現したわけ
第九章 国会議事堂か、東京タワーか
第十章 同盟国を襲うモスラ
第十一章 平和主義と大阪万

目次

  • プロローグ──モスラの飛んだ日
  • 第1章 三人の原作者たち
  • 第2章 モスラはなぜ蛾なのか
  • 第3章 主人公はいったい誰か
  • 第4章 インファント島と南方幻想
  • 第5章 モスラ神話と安保条約
  • 第6章 見世物にされた小美人と悪徳興行師
  • 第7章 『モスラ』とインドネシア
  • 第8章 小河内ダムから出現したわけ
  • 第9章 国会議事堂か、東京タワーか
  • 第10章 同盟国を襲うモスラ
  • 第11章 平和主義と大阪万博
  • 第12章 後継者としての王蟲
  • エピローグ──もうひとつの主題歌

製品情報

製品名 モスラの精神史
著者名 著:小野 俊太郎
発売日 2007年07月20日
価格 定価 : 本体760円(税別)
ISBN 978-4-06-287901-9
通巻番号 1901
判型 新書
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社現代新書