強火をやめると、誰でも料理がうまくなる!

講談社+α文庫
ツヨビヲヤメルトダレデモリョウリガウマクナル
  • 電子あり
強火をやめると、誰でも料理がうまくなる!
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「料理の常識」は根拠のない思い込みだらけ! 強火で肉を焼いても、うまみはとじ込められない。家庭のコンロは「火力が強すぎる」。野菜を弱火で炒めても水っぽくならない……気鋭のシェフが研究を重ねて辿り着いた、科学的調理術はシンプル。 1.火のルール 2.塩のルール 3.切り方のルールたった3つのルールで美味しくなる! 「料理に工夫はいりません」


「火」「塩」「切り方」――たった3つのルールで、美味しくなる!

「料理の常識」は根拠のない思い込みだらけ! 強火で肉を焼いても、うまみはとじ込められない。家庭のコンロは「火力が強すぎる」。野菜を弱火で炒めても水っぽくならない……気鋭のシェフが研究を重ねて辿り着いた、科学的に正しくて、そして誰もが本当に美味しく作れる料理の真髄! 特別な調理器具は一切不要。2000円のフライパンと100円ショップの包丁だけで、感激の味を誰でも再現できるのです。基本のルールはたった3つ。そう、もう料理に工夫はいりません!

※本書は2010年2月に小社より刊行された、『美味しさの常識を疑え! 強火をやめると、誰でも料理がうまくなる!』を文庫化したものです。

目次

  • プロローグ 定番レシピに大疑問!? 美味しさの常識を疑え!
  • 第1章 美味しい料理に強火はいらない! 「火」を使いこなすルール
  • 第2章 素材の味を引き出す! 「塩」のルール
  • 第3章 包丁使いで味が変わる! 「切り方」のルール
  • 第4章 「3つのルール」で今日から献立自由自在!

製品情報

製品名 強火をやめると、誰でも料理がうまくなる!
著者名 著:水島 弘史
発売日 2013年08月21日
価格 定価:715円(本体650円)
ISBN 978-4-06-281526-0
判型 A6変型
ページ数 208ページ
シリーズ 講談社+α文庫
初出 2010年2月に小社より刊行された、「美味しさの常識を疑え!強火をやめると、誰でも料理がうまくなる!」を文庫化したもの。

著者紹介

著:水島 弘史(ミズシマ ヒロシ)

シェフ・料理科学研究家。1967年福岡県に生まれる。大阪あべの辻調理師専門学校卒業、同校フランス校卒業後ジョルジュブランで研修。帰国後東京恵比寿「ラブレー」に勤務、94年より3年間シェフを務める。その他視野を広げるべくさまざまな食産業に勤め、2000年7月、恵比寿にフレンチレストラン「サントゥール」を開店。後に「エムズキッチンサントゥール」と改め、2009年4月まで営業。また94年から料理教室の講師も務め、自店開店からはレストランと同時に料理教室も開催、2004年から科学的調理理論を取り入れた独自の調理指導を始め、大学、企業の研究所にもデータを提供、新メニューの開発や調理システムのアドヴァイスも行う。著書に『今日からおいしくなる洋食のシンプルルール』(高橋書店)、『水島シェフのロジカルクッキング』(亜紀書房)がある。
http://mizushimacuisine.sakura.ne.jp/

おすすめの本

書店在庫を見る

オンライン書店で見る