織田信長と戦国武将 天下取りの極意

講談社+α文庫
オダノブナガトセンゴクブショウテンカトリノゴクイ
  • 電子あり
織田信長と戦国武将 天下取りの極意
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

不世出の英雄・織田信長。戦国、安土桃山という現代に似た弱肉強食、絢爛豪華な文化の時代をリードし、その後の日本の基礎を築いた破天荒な男の力と魅力を大解剖! 日本人ばなれしたスケール感、国家観はどこから生まれたのか。稀代のヒーローの素顔を幼時から死まで徹底検証! ※本書は1992年、実業之日本社より刊行された『切れる男をつくる 信長一〇一話』を文庫化にあたり改題し、大幅に加筆、編集しなおしたものです。

目次

  • 第一章 信長、天下統一への道と激烈人生
  • 祖父・信定、父・信秀あっての信長
  • 急逝した父の遺志を継ぐ
  • 「うつけ」は母親の愛情不足のせいだった?
  • 第二章 巨大な影に翻弄された信長の血縁者たち
  • 織田家の衰亡まで見届けた母・土田御前
  • 「自分が殺られる前に」弟・信行を殺害
  • 第三章 天才の狂気と憂鬱──知られざる素顔を徹底解剖
  • 浅井長政のどくろ杯で宴を催した信長の残虐
  • 「鬼のいぬ間の洗濯」を許さず女房惨殺
  • 第四章 稀有の趣味人? 信長のアブナイ好みとセンス
  • 金モールがついたマントがお気に入り
  • 黒人の従者を寵愛した信長の好奇心とセンス
  • 家紋の変遷に見る「織田株式会社」発展の歴史
  • 第五章 己の才能のすべてを賭けて生き抜いた戦国の男たち
  • 池田恒興……その子・輝政はのちに姫路城を築く
  • 平手政秀……二代にわたって仕えるが、切腹の最期
  • 豊臣秀吉……墨俣一夜城を機に出世街道まっしぐら
  • 細川幽斎と明智光秀……ともに義昭上洛に尽力するが
  • 柴田勝家……奉公の至誠を尽くした忠臣の鑑
  • 高山右近……領地よりも信仰を選んだキリシタン大名
  • 丹羽長秀……縁の下の力持ち的な唯一の女房役
  • 森蘭丸……衆道の相手にして数理に優れた有能な秘書
  • 荒木村重……信長に叛旗を翻し、妻子らの大量処刑を招く
  • 前田利家……信長の側近を殺し、死罪を申し渡されたことも
  • 徳川家康……幼友達ゆえに忠実な同盟者になった?
  • 佐久間信盛父子……父の代からの旧臣だが追放の憂き目に
  • 蜂須賀小六……桶狭間の合戦ではスパイとして活躍
  • 松永久秀……名器「平蜘蛛」とともに信長に滅ぼされる
  • 顕如光佐……石山合戦の講和で信長から譲歩を引き出す
  • 上杉景勝……父・謙信が没したのちの後継者の恐怖
  • 沢彦・策彦……信長の精神的支柱となった特別補佐官
  • 正親町天皇……武士嫌いだが信長の支持者の側面も
  • 今井宗久……堺の経済と先進技術を提供して信頼を得る
  • 千利休……文化的、経済的な補佐役として厚遇される
  • 第六章 これが「本能寺の変」の仰天真相だ!
  • 目的はひとつ、天下統一をみずからの手で
  • 光秀は神経衰弱にかかっていた?

製品情報

製品名 織田信長と戦国武将 天下取りの極意
著者名 著:泉 秀樹
発売日 2007年11月22日
価格 定価 : 本体724円(税別)
ISBN 978-4-06-281157-6
判型 A6変型
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社+α文庫
初出 ’92年、実業之日本社より刊行された『切れる男をつくる 信長101話』を文庫化にあたり改題し、大幅に加筆・編集した。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る