三国演義 第五巻

講談社文庫
サンゴクエンギダイ5カン
  • 電子あり
三国演義 第五巻
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

漢王朝の慟哭(どうこく)がきこえる。有名な「出師(すいし)の表」には、孔明の悲痛な叫びが盛りこまれている。張飛は殺害され、劉備も白帝城に没す。桃園で誓いを立てた3人はすでに亡い。さらに趙雲の死も伝えられる。孔明は、軍令に反した馬謖を泣いて斬り、蜀の再興に向け規律をただす。軍師の活躍を生き生きと描く決定版〈三国志〉。


孔明、泣いて馬謖(ばしょく)を斬る〈蜀〉の運命は?
張飛は殺害され、劉備も白帝城に死す。さらに趙雲の死も伝えられる。

漢王朝の慟哭(どうこく)がきこえる。有名な「出師(すいし)の表」には、孔明の悲痛な叫びが盛りこまれている。張飛は殺害され、劉備も白帝城に没す。桃園で誓いを立てた3人はすでに亡い。さらに趙雲の死も伝えられる。孔明は、軍令に反した馬謖を泣いて斬り、蜀の再興に向け規律をただす。軍師の活躍を生き生きと描く決定版〈三国志〉。

目次

  • 第八十一回 兄の讎をうち急ぐ張飛は害に遇い 弟の恨みを雪ぐに先主は兵を興す
  • 第八十二回 孫権は魏に降って九錫を受け 先主は呉を征して六軍を賞す
  • 第八十三回 おう亭に戦った先主は讎人を得て 江口を守った書生は大将と拝る
  • 第八十四回 陸遜は営を焼くこと七百里 孔明は巧みに八陣図を布く
  • 第八十五回 劉先主は遺詔して孤児を託し 諸葛亮は安居して五路を平ぐ
  • 第八十六回 張温を難じて秦ふくは天弁を逞し 曹丕を破るに徐盛は火攻を用う
  • 第八十七回 南寇を征つに丞相は大師を興し 天兵に抗う蛮王は初めに執を受く
  • 第八十八回 瀘水を渡りて再び蕃王を縛し 詐降と識りて三度孟獲を擒る
  • 第八十九回 武郷侯は四番計を用いて 南蛮王は五次擒りに遭う
  • 第九十回 巨獣を駆って六たび蛮兵を破り 藤甲を焼いて七たび孟獲を擒る
  • 第九十一回 瀘水に祭って漢相は師を班し 中原を伐つに武侯は表を上る
  • 第九十二回 趙子龍は力めて五将を斬り 諸葛亮は智もて三城を取る
  • 第九十三回 姜伯約は孔明に帰降して 武郷侯は王朗を罵り殺す
  • 第九十四回 諸葛亮は雪に乗じて羌兵を破り 司馬懿は日を剋めて孟達を擒る
  • 第九十五回 馬謖は諫めを拒みて街亭を失い 武侯は琴を弾じて仲達を退ける
  • 第九十六回 孔明は涙を揮って馬謖を斬り 周魴は髪を断って曹休を賺く
  • 第九十七回 魏国を討つに武侯は再び表を上り 曹兵を破るに姜維は詐書を献ずる
  • 第九十八回 漢軍を追うて王双は誅を受け 陳倉を襲うて武侯は勝を取る
  • 第九十九回 諸葛亮は大いに魏兵を破り 司馬懿は入りて西蜀に寇す
  • 第一百回 漢兵は寨を劫うて曹真を破り 武侯は陣を闘せて仲達を辱む

製品情報

製品名 三国演義 第五巻
著者名 著:安能 務
発売日 2001年05月15日
価格 定価 : 本体667円(税別)
ISBN 978-4-06-273125-6
判型 A6
ページ数 416ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 単行本は’99年3月、講談社より刊行。

オンライン書店で見る