「無償」の仕事

講談社+α新書
タダノシゴト
「無償」の仕事
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「二本ある手のどちらかは誰かの為に使えるように」
六輔流ボランティアのある生き方

「生きているのではない生かさせていただいているのだ」父の口癖だった。
「二本ある手のどちらかは誰かの為に使えるように……」これも父の口癖。もの心ついたときからボランティアの仲間に囲まれていた。ボランティアというのは「生き方」なのだということも教えられた。だからといって、ボランティアだけで生きてきたわけではない。音楽、放送、出版、いろいろなジャンルですぐれた仲間と出逢い、ラジオを中心に、印税という収入も増えた。
『「無償」(ただ)の仕事』というタイトルを誤解しないでいただきたい。僕の場合、決して、立派な「無償の仕事」ではない。落語のなかのセリフだが「いただけますればいただきますがいただけませんければいただきません」に通じている。

目次

  • 第1章 ボランティアをする人たち
  • 第2章 地球を愛する
  • 第3章 「弱者」か「くせ者」か
  • 第4章 それがあたりまえ
  • 第5章 正しいか正しくないか
  • 第6章 「死にませんよ」
  • 第7章 小さないい話

製品情報

製品名 「無償」の仕事
著者名 著:永 六輔
発売日 2000年04月20日
価格 定価 : 本体680円(税別)
ISBN 978-4-06-272009-0
判型 新書
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社+α新書

書店在庫を見る