精神分析と自閉症 フロイトからヴィトゲンシュタインへ

講談社選書メチエ
セイシンブンセキトジヘイショウフロイトカラヴィトゲンシュタインヘ
  • 電子あり
精神分析と自閉症 フロイトからヴィトゲンシュタインへ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

フロイト、ヴィトゲンシュタイン、自閉症理解の変更を迫る画期的試み! 永らく精神分析の「躓きの石」であった自閉症。両者の不幸な出会いを、フロイト思想の原点「心理学草案」に戻ることによって解消し、さらにはヴィトゲンシュタインの思考を媒介に、新たな自閉症理論を構築する。(講談社選書メチエ)


フロイト、ウィトゲンシュタイン、自閉症理解の変更を迫る画期的試み!
永らく精神分析の「躓きの石」であった自閉症。両者の不幸な出会いを、フロイト思想の原点「心理学草案」に戻ることによって解消し、さらにはウィトゲンシュタインの思考を媒介に、新たな自閉症理論を構築する。
[本書の内容]
●初期フロイトの「心理学草案」
●部分と全体
●ライトノベルと自閉症 
●ラカン的視点から
●無意味と無価値

目次

  • はじめに──ミッシング・ピースを求めて
  • 第一章 超自我とマゾヒズムと二人のフロイト 一九二〇年代の課題
  • 第二章 あらかじめ失われた出発点へ帰る 初期フロイトの「心理学草案」
  • 第三章 否定の論理・去勢の論理 二項対立と無限
  • 第四章 自閉症を社会学へと開く 部分と全体
  • 第五章 スペクトラム化したセカイ ライトノベルと自閉症
  • 第六章 精神分析・隠喩・自閉症 ラカン的視点から
  • 第七章 ヴィトゲンシュタインと嵐の中の歩行者 無意味と無価値
  • 第八章 黄昏の風景から 私にとっての自閉症
  • おわりに──深夜の断想
  • 引用文献
  • 初出一覧

製品情報

製品名 精神分析と自閉症 フロイトからヴィトゲンシュタインへ
著者名 著:竹中 均
発売日 2012年09月11日
価格 定価 : 本体1,800円(税別)
ISBN 978-4-06-258537-8
通巻番号 534
判型 四六
ページ数 328ページ
シリーズ 講談社選書メチエ
初出 収録作品参照

オンライン書店で見る