記憶

講談社選書メチエ
キオクソウゾウトソウキノチカラ
記憶
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

なぜ一杯の紅茶から、「記憶の大伽藍」が出現しうるのか?記憶とは、刻印の「集積」ではなく、「生成」しつづけるダイナミックスなシステムである。
回想、追憶、想起がもつおどろくべき想像力に光をあて、アートの現場、歴史認識、言語状況を横断しながら、終りなき構築としての「記憶」を透視する。

目次

  • プロローグ 記憶の生成論
  • 1 記憶と創造
  • 2 回想の力
  • 3 写真と不在
  • 4 想起する歴史
  • エピローグ 文化としての記憶系

製品情報

製品名 記憶
著者名 著:港 千尋
発売日 1996年12月10日
価格 定価:1,870円(本体1,700円)
ISBN 978-4-06-258093-9
通巻番号 93
判型 四六
ページ数 284ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

書店在庫を見る