歴史劇画 大宰相(9)

講談社+α文庫
レキシゲキガダイサイショウ09スズキゼンコウノクノウ
歴史劇画 大宰相(9)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

史上初の衆参同日選挙は大平正芳の急死で「弔い選挙」となり、自民党が圧勝した。中曽根康弘、河本敏夫、宮沢喜一が大平後継候補として名前があがるが、ダークホース・鈴木善幸が急浮上。田中六助は田中角栄ら各派実力者に鈴木支持を取り付け、鈴木政権が誕生した。だが、「和の政治」を掲げる鈴木善幸は、相次ぐ失策で次第に政権担当能力のなさを露呈する。行政改革に活路を求める鈴木。一方、田中は自派寄りの内閣改造を行い、福田は鈴木批判を強める。傑作戦後日本史第9弾!

目次

  • 解説 善幸は、やはり野に置け
  • 主な登場人物
  • 自民党本部の組織構造
  • 第I部 怨念政治の果て
  • 第II部 和の政治と行財政改革
  • 関連略年譜

製品情報

製品名 歴史劇画 大宰相(9)
著者名 その他:さいとう たかを 原作:戸川 猪佐武 解説:早坂 茂三
発売日 1999年11月18日
価格 定価:1,078円(本体980円)
ISBN 978-4-06-256369-7
判型 A6
ページ数 528ページ
シリーズ 講談社+α文庫

おすすめの本

書店在庫を見る