歴史劇画 大宰相(7)

講談社+α文庫
レキシゲキガダイサイショウ7
歴史劇画 大宰相(7)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

昭和53年(1978)11月26日、党員による初の自民党総裁予備選挙が実施され、福田有利を覆すべく田中角栄は大平正芳と手を組んだ。総裁の座を射止めた大平は、しかし翌年の総選挙で敗北を喫す。厳しく退陣を迫る三木武夫、福田赳夫、中曽根康弘の反主流三派。総理・総裁分離論まで出て、自民党「40日抗争」に発展。事態収拾に努める党長老と大角との対立は激化し、大平は「鈍牛」のしたたかさで頑固に総理の座に居座りつづける。傑作戦後日本史第7弾!

目次

  • 解説 狂気の谷間の男たち
  • 主な登場人物
  • 五大政党総選挙当選者数の変遷
  • 第I部 大福戦争
  • 第II部 四十日抗争
  • 関連略年譜

製品情報

製品名 歴史劇画 大宰相(7)
著者名 原作:戸川 猪佐武 その他:さいとう たかを 解説:早坂 茂三
発売日 1999年10月20日
価格 定価 : 本体980円(税別)
ISBN 978-4-06-256367-3
判型 A6
ページ数 536ページ
シリーズ 講談社+α文庫