危機の経営 サムスンを世界一企業に変えた3つのイノベーション

キキノケイエイサムスンヲセカイイチキギョウニカエタミッツノイノベーション
  • 電子あり
危機の経営 サムスンを世界一企業に変えた3つのイノベーション
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

日本企業復活のキーワードがここにある! 10年間で世界最大手の総合電気企業に躍り出た韓国サムスン電子。その躍進を中核で支えた元役員と失敗学の権威が、日本の製造業にいま欠けているものを指摘する。


サムスンから見えてきた日本企業の真の問題
10年間で世界最大手の総合電気企業に躍り出た韓国サムスン電子。その躍進を中核で支えた元役員と失敗学の権威が、日本の製造業にいま欠けているものを指摘する

目次

プロローグ サムスンの躍進と日本企業の自信喪失

第1章 李健熙会長の危機意識
 人生を変えた一本の電話
 なぜ大改革が必要だったのか
 「質を重視した経営」へ転換
 役員としてサムスンへ迎えられた経緯
 「3PI運動」
 他

 畑村コメント トップの視点・トップがやらなくてはいけないこと

第2章 IMF危機
 「IMF危機」とはどんな危機だったのか?
 グループ会社を整理統合
 「おまえはいらない」
 厳しいコストカット
 他

 畑村コメント 自社の強みを知る

第3章 組織と人のイノベーション
 「人の革新」がサムスンを変えた
 人材開発に尽力
 「地域専門家」の育成
 相手の文化を知らずに物は売れない
 粗悪品を持ち込んで技術情報をキャッチアップ
 他

 畑村コメント トップダウンとボトムアップ

第4章 プロセスのイノベーション
 なぜプロセス・イノベーションが必要だったのか
 「PDM」と「スーパーセット」
 「デジタルものづくり」が後押し
 「串焼き鳥方式」から「刺身方式」へ
 「材料費削減運動」の成果
 サムスン流のものづくり
 他

 畑村コメント 「デジタルものづくり」の意味

第5章 製品のイノベーション
 オリジナル製品の開発
 「ベンチマーク方式」と「リバースエンジニアリング」
 「ジャパン・プロジェクト」
 「日本追従型」から「新興市場」へ
 「グローバル化」の意味
 価格を決める二つの方法
 「製品の質」は消費者が決める
 「サムスン」という名前を売る
 他

 畑村コメント プロダクト・アウトとマーケット・イン

第6章 日本が生き残る道
 トヨタはなぜ赤字になったのか
 自動車をなかなか買い換えなくなった日本人
 世界一安い、二〇万円の小型自動車が暗示する未来
 新興市場の可能性
 「表の競争力」と「裏の競争力」
 サムスンの弱み、日本企業の強み
 他

製品情報

製品名 危機の経営 サムスンを世界一企業に変えた3つのイノベーション
著者名 著:吉川 良三 著:畑村 洋太郎
発売日 2009年09月17日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-215803-9
判型 四六
ページ数 226ページ

オンライン書店で見る