すらすら読める歎異抄

スラスラヨメルタンニショウ
すらすら読める歎異抄
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

読みやすさNo.1
大きな活字と総ルビつき原文

「読売」「毎日」ほか各紙で話題の「すらすら」シリーズ第2弾!
だれでもわかる『歎異抄』

「悪人のままに生きなさい」

わたしたちは憤るべきです
『歎異抄』は、親鸞聖人の没後に、その教えが歪められ、曲解され、親鸞聖人の教えとは異なったものになっている現状を歎いてつくられた書物です。では、「歎く」というのは、どのような行為でしょうか。辞書によりますと、“歎く”は「深く悲しむ」とありました。ところが、ある辞書には、「悲しみいきどおる」という意味が出ていました。それを見て、わたしは気づきました。われわれは悲しむだけでは駄目なんだ。『歎異抄』を読むことは、憤ることなんだ、と。――ひろさちや

製品情報

製品名 すらすら読める歎異抄
著者名 著:ひろ さちや
発売日 2003年07月14日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-211664-0
判型 B6変型
ページ数 194ページ

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス