三国演義(1)

文芸(単行本)
サンゴクエンギ
三国演義(1)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

これぞ本物の三国演義
劉備は単なる“仁”と“義”の人ではなかった。物語の歪みを道教の視点から見直す初の試み……これで本当の中国が見えてくる

「三国志」(三国演義)は、小説好きの読者には必読の書である。日本でも吉川英治、柴田錬三郎、北方謙三等の作家が、渾身の力を込めて書いた。また、翻訳もある。私は沢山読んだ。
しかし、今回、安能務氏の『三国演義』を読んで、私は非常に驚き感嘆した。発見、の思いがあった。曹操、劉備等が、まるで現代小説の主人公のように生きて動く。そして、歴史の歩み、というか、事件進行の現実的細部が、まるで眼に見えるように明晰である。作者畢生の大作であろう。──秋山駿(文芸評論家)

製品情報

製品名 三国演義(1)
著者名 著:安能 務
発売日 1998年11月25日
価格 定価 : 本体1,900円(税別)
ISBN 978-4-06-209030-8
判型 四六
ページ数 394ページ

書店在庫を見る