孟嘗君(3)

文芸(単行本)
モウショウクン
  • イベント
孟嘗君(3)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

三国志を超える男と女の人物造型
うねる中国、男女の機微盛衰。天才兵略家孫びん(そんびん)、美貌の宰相鄒忌(すうき)、名将ほう涓(ほうけん)さらに白圭ら、若き田文をつき動かす傑出した人間達

前方に大樹がみえた。梢のかたちはまだみえるのだが、枝は闇に融けはじめている。──妙な木だな。ほう涓は目を細くした。木が白い。かれは馬の速度をゆるめ、大樹に近づいた。字が書かれているようである。ほかの騎馬が炬火をともすまえに、ほう涓は鑚木をとりだして、火をつくった。その火をたかだかとあげ、「ほう涓はこの樹の──」と、読んだところで、斉軍の1万の弩から矢がはなたれた。山が吼えた、とほう涓にはきこえた。それが斉兵の喚叫であることを知ったほう涓は、地にすわったまま、おもむろに剣をぬき、「ついに豎子(じゅし)の名を成さしめたな」と、闇のなかでこちらをみつめているにちがいない孫びんを豎子とあざけり、みずからをもあざけって、その剣で首を剄(き)った。──馬陵の戦い

製品情報

製品名 孟嘗君(3)
著者名 著:宮城谷 昌光
発売日 1995年10月17日
価格 定価:1,708円(本体1,553円)
ISBN 978-4-06-206654-9
判型 四六
ページ数 320ページ

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス