孟嘗君(4)

講談社文庫
モウショウクン4
  • 電子あり
孟嘗君(4)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

馬陵(ばりょう)の戦いで、斉(せい)は魏(ぎ)に大勝するが、斉王の周囲では佞臣(ねいしん)が暗躍を強める。田嬰(でんえい)・田文(でんぶん)父子は、有能な食客たちの力も使って必死に対決。周で商人として成功し、仁愛の事業を進める養父・白圭(はくけい)を訪ねた田文は、そこで哀しい美女・洛芭(らくは)を知る。戦国時代も半ば、次第に英傑の稟性(ひんせい)を示しはじめた田文は27歳になった。(講談社文庫)


馬陵(ばりょう)の戦いで、斉(せい)は魏(ぎ)に大勝するが、斉王の周囲で佞臣(ねいしん)が暗躍を強める。田嬰(でんえい)・田文(でんぶん)父子は、有能な食客たちの力も使って必死に対決する。周で商人として成功し、仁愛の事業を進める白圭(はくけい)を訪ねた田文は、そこで哀しい美女洛芭(らくは)を知る。戦国時代も半ば、次第に英傑の稟性(ひんせい)を示しはじめた田文は27歳になった。全5巻。

目次

  • それぞれの道
  • 父と子
  • 流 別
  • 壮者の時
  • 靖郭君
  • 徐州の戦い

製品情報

製品名 孟嘗君(4)
著者名 著:宮城谷 昌光
発売日 1998年10月07日
価格 定価 : 本体650円(税別)
ISBN 978-4-06-263904-0
判型 A6
ページ数 332ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1993年3月から、『東京新聞』などに連載され、第4巻は1995年11月に小社より刊行。

オンライン書店で見る