孟嘗君(5)

文芸(単行本)
モウショウクン
孟嘗君(5)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

【新たな宮城谷伝説、完結】
高きを求める英知と愛の生涯!いま函谷関(かんこくかん)の暁闇を破る者は?人間の大いなる心の成長を風韻高く描ききった文字通り最高の名品!

白圭(はくけい)は微笑していた。「文どのか」涸(か)れた声ではない。いのちのうるおいが残っている声である。「父上――」田文(でんぶん)は白圭の手をさぐった。その手は乾いていた。自分を大きくしてくれた手は、この手だ、とおもうと田文は涙がとまらなくなった。白圭はしみじみと田文をみている。「文どの、人生はたやすいな」「そうでしょうか」「そうよ……。人を助ければ、自分が助かる。それだけのことだ。わしは文どのを助けたおかげで、こういう生きかたができた。礼を言わねばならぬ」「文こそ、父上に、その数十倍の礼を申さねばなりません」「いや、そうではない。助けてくれた人に礼をいうより、助けてあげた人に礼をいうものだ。文どのにいいたかったのはそれよ」白圭はそれから洛芭(らくは)や斉召(せいしょう)などに顔をむけ、――田文がいちど別室にさがったわずかなあいだに、息をひきとった。――本文・函谷関から

製品情報

製品名 孟嘗君(5)
著者名 著:宮城谷 昌光
発売日 1995年11月24日
価格 定価:1,708円(本体1,553円)
ISBN 978-4-06-207896-2
判型 四六
ページ数 290ページ
初出 『北海道新聞』『河北新報』『東京新聞』『中日新聞』『神戸新聞』『西日本新聞』’93年3月1日から’95年8月31日まで連載(神戸新聞のみ、震災のため延長)

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス