孟嘗君(3)

講談社文庫
モウショウクン3
  • 電子あり
孟嘗君(3)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

成長した田文を孫ぴんに託して、養父・白圭は周へと移った。師の孫ぴんに導かれて、仁の資質、信の確かさを増していく田文。「わたしは文どのに広い天地と豊かな春秋をあたえたい」――。遂に孫ぴんは田文を実父・田嬰(でんえい)に引き合わせ、田文は貴人の家の子にもどった。全土に秦・魏・楚が屹立する中、斉王は孫ぴんを軍師に決定した。(講談社文庫)


養父白圭ゆずりの熱い血。後の孟嘗君・田文(でんぶん)の青春

成長した田文を孫ぴんに託して、白圭は周へ移った。師の孫ぴんに導かれて、仁の資質、信の確かさを増す田文。「わたしは文どのに広い天地と豊かな春秋をあたえたい」――。遂に孫ぴんは田文を実父田嬰(でんえい)に引き合わせ、田文は貴人の家の子にもどった。全土に秦・魏・楚が屹立する中、斉王は孫ぴんを軍師に決定した。(全5巻)

目次

  • 決闘の時
  • 東方の風
  • 斉の軍師
  • 桂陵の戦い
  • 再 会
  • 馬陵の戦い

製品情報

製品名 孟嘗君(3)
著者名 著:宮城谷 昌光
発売日 1998年09月04日
価格 定価 : 本体610円(税別)
ISBN 978-4-06-263864-7
判型 A6
ページ数 342ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1993年3月から、『東京新聞』などに連載され、第3巻は1995年10月に小社より刊行。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る