日蓮「立正安国論」

講談社学術文庫
ニチレンリッショウアンコクロンゼンヤクチュウ
その他:佐藤 弘夫
  • 電子あり
日蓮「立正安国論」
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

あいつぐ異常気象・疫病・飢饉・大地震、そして承久の乱。荒廃する国土をもたらしたのは、正法が廃れ、邪法=専修念仏がはびこる仏教界の混迷である。日蓮は、社会の安穏実現をめざし、具体的な改善策を「勘文」として鎌倉幕府に提出したのが『立正安国論』である。国家主義と結びついてきた問題の書を虚心坦懐に読み、「先ず国家を祈って須らく仏法を立つべし」の真意を探る。(講談社学術文庫)


国家主義から解放し、虚心坦懐に真意に迫る 地震・疫病・飢饉そして承久の乱。専修念仏の流行による仏教の大衆化。国家存亡の危機にあたり、日蓮が鎌倉幕府に対して提出した社会安穏の意見書を徹底的に精査

製品情報

製品名 日蓮「立正安国論」
著者名 その他:佐藤 弘夫
発売日 2008年06月11日
価格 定価:924円(本体840円)
ISBN 978-4-06-159880-5
通巻番号 1880
判型 A6
ページ数 192ページ
シリーズ 講談社学術文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る