法華経を読む

講談社学術文庫
ホケキョウヲヨム
法華経を読む
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

法華経の教えの根本思想はなにか。法華経の行者という自らの実践をとおしてこれを把握したのは、鎌倉時代の日蓮聖人である。とんな衆生も救わずにはおかないという仏陀の方便の力を説いて法華経にまさる他の経はなく、まさしく諸経の王といわれるゆえんである。わずか7巻28作品の経典の教えを、日蓮は「心の財第一なり」といった。本書こそ混迷を極める現代を生きる人々に必読の書といえよう。

目次

  • 『法華経』の真髄――「諸経の王」の精神
  • 1 序品――『法華経』の説く最高の真理
  • 2 方便品――真実の教えを説く前提
  • 3 譬喩本――一切衆生を救うための喩え
  • 4 信解品――菩薩の道への教え
  • 5 薬草喩品――修学のための教え
  • 6 授記品――仏性を開かせる教え
  • 7 化城喩品――精進を持続させる喩え
  • 8 五百弟子受記品――生得の仏性を開く
  • 9 授学無学人記品――仏道を学ぶには
  • 10 法師品――『法華経』を説く心がまえ
  • 11 見宝塔品――絶対の真理としての教え
  • 12 提婆達多品――悪人成仏と女人成仏
  • 13 勧持品――不惜身命の決意
  • 14 安楽行品――自らを律する4つの教え
  • 15 従地涌出品――大地に生きる菩薩
  • 16 如来寿量品――永遠の仏の生命
  • 17 分別功徳品――信仰による無限の宝蔵
  • 18 随喜功徳品――教えに随う喜び
  • 19 法師功徳品――教えを説き弘める功徳
  • 20 常不軽菩薩品――われ深く汝らを敬う
  • 21 如来神力品――光は真理のたとえ
  • 22 嘱累品――得難き教え
  • 23 薬王菩薩本事品――教えを実行すること
  • 24 妙音菩薩品――姿をかえて衆生を救う
  • 25 観世音菩薩普門品――観音経の功徳
  • 26 陀羅尼品――神呪を唱える功徳
  • 27 妙荘厳王本事品――肉親に教えを弘める
  • 28 普賢菩薩勧発品――一切衆生を救う
  • 29 現代に生きる『法華経』の教え

製品情報

製品名 法華経を読む
著者名 著:鎌田 茂雄
発売日 1994年02月04日
価格 定価:1,408円(本体1,280円)
ISBN 978-4-06-159112-7
通巻番号 1112
判型 A6
ページ数 428ページ
シリーズ 講談社学術文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス