観音経講話

講談社学術文庫
カンノンギョウコウワ
観音経講話
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

東アジアの仏教圏には数多くの観音霊場があるように、観音信仰は昔から庶民の心の中に力強く根づいており、『観音経』は『般若心経』とならんで最も広く読誦(どくじゅ)されてきたお経である。このお経を一心に唱えれば、観音菩薩は聖観音、千手観音、馬頭観音など、三十三身に姿を変えて現われ、人々の苦しみや悩みに応じて教えを説いてくれるという。宇宙の根本原理を見事に血肉化した観音教典のこころを読む。

目次

  • 1 汚泥にひらく観音経
  • 2 至誠至高の観音の相(すがた)
  • 3 妄想・執著をたちきる観音の力
  • 4 煩悩・束縛をたちきる観音の力
  • 5 人間の嫌らしさを直視する観音の眼(まなこ)
  • 6 愛欲を慈悲のこころにかえる観音の力
  • 7 女の性(さが)を慈母の心にかえる観音の力
  • 8 物量的価値観に鋭い刃を突きつける観音の力
  • 9 長夜の闇路を照らす観音の威力
  • 10 地獄に身を投じる観音の相
  • 11 権力では犯せぬ観音の力
  • 12 男女を隔てない観音の心
  • 13 極悪人・人非人を救う観音の力
  • 14 自然と人間のなかに生きる観音の相
  • 15 自由自在に娑婆(しゃば)世界に遊ぶ観音の相
  • 16 弘く深い願いに生きる観音の行
  • 17 不安におののく我らを救う観音の力
  • 18 苦難危害にあっても動じない観音の力
  • 19 呪いを解き放す観音の力
  • 20 自由自在にはたらく観音の力
  • 21 闇夜を照らす観音の光
  • 22 悩める現代人の魂を呼びさます観音の声

製品情報

製品名 観音経講話
著者名 著:鎌田 茂雄
発売日 1991年11月05日
価格 定価 : 本体1,520円(税別)
ISBN 978-4-06-159000-7
通巻番号 1000
判型 A6
ページ数 474ページ
シリーズ 講談社学術文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス