日本の禍機

講談社学術文庫
ニホンノカキ
  • 電子あり
日本の禍機
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

世界に孤立して国運を誤るなかれ──日露戦争後の祖国日本の動きを憂え、遠くアメリカからエール大学教授・朝河貫一が訴えかける。歴史学者としての明解な分析に立って、祖国への熱い思いが格調高く述べられ、読む者の心に迫る。彼の忠告も空しく、軍国主義への道をつき進んだ日本は、戦争、敗戦へと不幸な歴史を辿った。日米の迫間(はざま)で、日本への批判と進言を続けた朝河。彼の予見の確かさと祖国愛には、今もなお学ぶべきものが多い。

目次

  • ●前篇 日本に関する世情の変遷
  •  日本に対する世評の変化
  •  満州における日本に対する世の疑惑の由来
  •  反動説──感情的反対者──利害的反対者
  •  東洋における世界の要求
  •  一八九九年以前
  •  一八九九年以後
  •  日露戦争以後
  • ●後篇 日本国運の危機
  • ・第1章 戦後の日本国民多数の態度に危険の分子あることを論ず
  •   国権説は機に後れたり
  •   国勢は劇変して国民の態度はこれに副わず
  •   国民の危険なる態度、国運の危機
  • ・第2章 日本と米国との関係に危険の分子少なからざることを論ず
  •   米国人の日本に関する感情の変遷
  •   日本人の米国に関する思想の浅薄
  •   日、清、米の重大なる関係
  •   米国と新外交、清国の信頼
  •   米国人民の東洋に関する輿論
  •   米国為政者の東洋に関する思想 ローズヴェルト氏、タフト氏
  •   結論 日本国民の愛国心

製品情報

製品名 日本の禍機
著者名 著:朝河 貫一
発売日 1987年04月06日
価格 定価 : 本体1,000円(税別)
ISBN 978-4-06-158784-7
通巻番号 784
判型 A6
ページ数 254ページ
シリーズ 講談社学術文庫

著者紹介

著:朝河 貫一(アサカワ カンイチ)

1873年、福島県生まれ。安積中学校、東京専門学校(のちの早稲田大学)を、いずれも主席で卒業。23歳で渡米してエール大学などで学ぶ。比較法制史専攻。エール大学教授。主に米国で活躍したが、日露戦争から第二次世界大戦に至る時代に、日本外交への痛烈な批判と忠告を行った。1948年、米国バーモント州にて死去。著書に『入来文書』、『日露衝突』などがある。

お知らせ・ニュース

関連サイト
講談社学術文庫の「大文字版」がオンデマンドで読める!
「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」好評です!

学術文庫の版面をそのまま、四六判(一般的な単行本の大きさ)相当まで大きく引き延ばして印刷・製本するオンデマンド版を販売中です。ご注文いただいたらすぐに製造、在庫切れの心配がありません。
ご注文から5日以内にお手元まで直送いたします。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
こんなにすごい! 「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」
 ◎127パーセント拡大。細かな注釈も十分な大きさの文字に
 ◎四六版相当(133ミリ×188ミリ)のサイズなので、書棚におさめやすい
 ◎高品質用紙にくっきりとした印刷なので、文字が読みやすい
 ◎伸縮性が高いPUR製本なので、開きやすく割れにくい
 ◎フィルム貼りをほどこした高級感ある表紙
 ◎オンラインでご注文後、五日以内に発送。すぐに手元に届く
----------------------------------------------------------------------------------------------------
販売は、専用のウェブサイト https://kodansha.bookstores.jp/ のみにて販売いたします。
(一般書店での取り扱いはございません。ご注意ください)
スマホでもPCも、快適にじっくり本を選べます! 

講談社学術文庫の約600書目がラインナップとして用意しています。
紙の文庫では品切れ重版未定となっている書目もあります。
今後もさらに既刊書を拡充するとともに、
新刊書目もラインナップに加えていく予定です。ぜひご注目ください!

オンライン書店で見る