西行物語

講談社学術文庫
サイギョウモノガタリ
西行物語
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

鎌倉時代成立の『西行物語』は、歌人西行の生涯を記した伝記物語。友人の急死に世の無常を知った藤原義清は、娘を縁から蹴落して恩愛の道を絶ち、二十五歳で出家して西行と名のる。伊勢から関東へ、陸奥から四国と旅を重ねつつ、歌ごころの涌くままに詠ずる名歌は、彼のひたすらな道心をはぐくみ、ついに「願はくは花の下にて春死なむ」の願いどおり極楽往生を遂げる。数奇と道心の生涯を伝える物語のはじめての全訳である。(全一冊)

目次

  • 1 西行出家の事情
  • 2 西山から伊勢へ
  • 3 陸奥へ
  • 4 陸奥放浪
  • 5 故郷は荒れて
  • 6 四国への旅
  • 7 妻子のその後
  • 8 桜樹の本の死

製品情報

製品名 西行物語
著者名 著:桑原 博史
発売日 1981年04月08日
価格 定価:1,155円(本体1,050円)
ISBN 978-4-06-158497-6
通巻番号 497
判型 A6
ページ数 276ページ
シリーズ 講談社学術文庫

おすすめの本

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス