空海の思想について

講談社学術文庫
クウカイノシソウニツイテ
空海の思想について
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

密教哲学の魅力を、著者は次のように説く。「『世界というものはすばらしい。それは無限の宝を宿している。人はまだよくこの無限の宝を見つけることが出来ない。無限の宝というものは、何よりも、お前自身の中にある。汝自身の中にある、世界の無限の宝を開拓せよ』。そういう世界肯定の思想が密教の思想にあると私は思う。私が真言密教に強く魅かれ、現在も魅かれているのは、そういう思想である」と。

目次

  • 1 空海の二つの面
  • 2 日本のインテリにきらわれた空海
  • 3 空海の再発見
  • 4 空海における密教思想の発展
  • 5 空海の思想形成
  • 6 密教の思想的特徴と全仏教の位置づけ
  • 7 『即身成仏義(そくしんじょうぶつぎ)』
  • 8 『声字実相義(しょうじじつそうぎ)』
  • 9 『吽字義(うんじぎ)』

製品情報

製品名 空海の思想について
著者名 著:梅原 猛
発売日 1980年01月08日
価格 定価 : 本体680円(税別)
ISBN 978-4-06-158460-0
通巻番号 460
判型 A6
ページ数 130ページ
シリーズ 講談社学術文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス